渡辺工務店のホームページ

株式会社 渡辺工務店

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
RSS2.0

ブログトップページへ

 

寒くなってきましたね~

 

そんな中、現場で頑張っている方々に感謝です!

ほんと尊敬します!

こうやってブログ書いてる最中も頑張って作っていただいているのが

こちら!!

 

 

 

20171128133226029_0001

 

 

 

 

来年オープン!!!

COZYモデル!!!!(やったー!!)

 

人気の拓勇!!!!(うっそー!!しんじられなーい)

 

そして!!!

 

都市ガス!!!!(まじで~!?もうお腹いっぱいです!!!)

 

 

汗を流して、時には涙を流しながら作り上げるモデルハウス!!!

こうご期待!!!

 

 

詳しく知りたい方はこちらまで↓

satou@watanabe-homes.co.jp

| 投稿者:渡辺工務店 | コメント(0) |

 

「よろしい ならば戦争だ」

 

こんなセリフを、黒電話と、アイスバケツチャレンジャーが、

言い出さないか、最近心配な K です。

 

さて、今回は、季節に合わせた

ジャケット1

ジャケット2

の2曲です。

 

共に、さすが槇原さんと言えるような曲です。

 

「北風」は、まだ微妙な距離での何とも言えない思いを、

「冬がはじまるよ」は、同棲を始めて間もない2人の雰囲気が、

それぞれ感じることができ、そこに冬という季節が、

マッチしていると思います。

 

ただ、槇原さんの所業と、創る曲、こんなにもズレがあるのかが、

不思議に思う、今日この頃です。

 

それでは、少し早いですが、

良いお年をお迎えください。

| 投稿者:渡辺工務店 | コメント(0) |

住宅などを建築するとき、事前にしておく大事なことのひとつに、

地盤調査があります。安全な基礎設計、地盤保証の為、全物件、

必須としており、地盤調査会社に依頼して、調査報告書作成、地盤

の安全を確認しています。

 

調査報告書には、調査点ごとのデータ、総合解析結果などありますが、

敷地周辺の古い地形図も並べられています。

土地利用履歴や、地形成り立ちを推定するものですが、

ある物件のそれを見ていた時、地盤とは全く関係ないところに・・・・・

image1

「あの踏切、なんであんなにナナメに取り付けたんだろう?」と思っていたら、

けっこう、昔からだったのだ。(赤丸印の近くです。)

現在の苫小牧では、赤いラインが国道36号線。

古い地図によると、ナナメ踏切は、主要道路だったのかと。

当時は馬車道だったろうから、高いところに敷かれた線路を馬が渡るため?とか、

ひょんなことから、古い地図がおもしろくなってきたのです。

そんな折に、みつけたものですが、

image2

苫小牧に競馬場があったのです!!

知っていた方、どうでもいい方は、つまらない話かもしれないので、すみません。

 

キタサンブラックのラストランを見に行きたいとか、ディープインパクトに会いに行きたい

とか言い出した私ですから、とっても感動発見だったのです。

 

明治34年ころから競馬があり、苫小牧川と新川の間に東西に楕円形のちゃんとした

コースだったようで、騎手は、さらし一反を体にまいて出場したとあります。

そば一杯三銭の時代に1着賞金5円。遠方からも4,5百人が集まり、そば、すし、リンゴ

を売る店がならぶ賑やかさだったようです。

明治43年、そのとなりに王子工場建設、操業が始まります。

苫小牧では、王子工場で初めて電気がつき、電話開通もこのあと、王子が1番から5番

だったのだそうです。庶民は声が届くという電話の線に手紙を結びつけたとか、、、、

そんな時代の苫小牧がありました。

昭和2年には、公認地方競馬にまでなって、14年ころまで続けられていたようですが、

その後、陸軍飛行場に変わってしまいます。

 

それにしても、 『鞍上さらし一反』 って、?。

| 投稿者:渡辺工務店 | コメント(0) |
2017-11-07(火)

こんばんは。工事課のWです。

今週末にせまりました、お客様感謝祭の準備も大詰めとなってきました。

昨年に引き続き、今回で2回目の開催となります。

スタッフ一同、昨年の反省も含め、今年も皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります。

それでは、当日会場にてお待ちしております :-P

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

| 投稿者:渡辺工務店 | コメント(0) |

ブログトップページへ