後悔しない家づくりのために

建てる前に知っておきたい。
暮らしの快適性に差がつく、住宅性能の重要性。

家を建てるとき、住宅性能に強い関心を持つ方は、間取りやデザインなどに比べて多くありません。
新築なら住宅性能が保証される、と思いがちですが、国土交通省住宅局による住生活総合調査を読み解くと、建てた後に、断熱・気密性能や冷暖房などの省エネ性能、換気性能などの住宅性能に不満を感じる方が多い傾向が見られています。

建築主に関心がなく予算をかけなかった、施工業者に知識や技量がなかった、手抜き工事を行われたなど、要因はさまざまですが、住宅性能について関心を持っていれば防げたことかもしれません。

生活の拠点となる場所だからこそ、本来の住宅の役割を考えた家づくりを行わなければ、どんなにいい間取りやデザインでも快適な暮らしとはならないでしょう。

建ててから後悔しないために、建てる前にできること。
渡辺工務店では、確かな住宅性能をもった「ファース工法」で、自由設計&フリープランの住まいづくりを行います。

建てる前 住まいにおいて最も重要だと思う点 建てる前 住まいにおいて最も重要だと思う点 グラフ
建てた後 住宅の各要素に対する不満率 建てた後 住宅の各要素に対する不満率 グラフ

ファースの家