お客様の声

苫小牧市 K様邸

home105

苫小牧市 K様邸

家族が集うリビングと2階の快適さにこだわった二世帯です。

お引渡し:
平成25年8月竣工
家族構成:
ご夫婦・お子様3人
工法構造:
2×4工法/木造2階建て

家を建てようと思われたきっかけは何ですか?

ご主人
私の父が亡くなって、母が一人暮らしになるということが一番のきっかけでしたね。あと、年齢的にも家を建てる最後のチャンスだなと思ったことが背中を押しました。

以前から苫小牧にお住まいになられていたのですか?

ご主人
転勤族なので、苫小牧に住み始めて今年(2014年)で3年目です。

家を建てようと思われたのはいつ頃ですか?

ご主人
転勤族なので、苫小牧に住み始めて今年(2014年)で3年目です。

まず何を調べたり、行動されたのですか?

ご主人
モデルハウスの見学から始めましたね。パンフレットも集めました。

見学会の情報は何から知りましたか?

ご主人
のぼりですね。
奥 様
あとはチラシですね。週末には必ずどこかの見学会のチラシが地元の新聞に入ってました。

モデルハウスは何社くらいご覧になられましたか?

ご主人
7、8社です。モデルハウスが集まっている地域で、たくさん見たんですよね。そこで渡辺工務店さんを知りました。

モデルハウスで見るポイントは何かありますか?

奥 様
モデルハウスはあくまでも参考で、建てるなら自分の好きなように、ということですね。
ご主人
行くたびに見る目も変化するので、見るポイントも随時変わっていきましたね。

見積もりは何社にお願いしましたか?

ご主人
3社です。

最終的に渡辺工務店を選んだ決め手は何ですか?

ご主人
私は、会社の方針をきちんと理解して芯がブレずに話をしてくれるところ、が一番の決め手ですね。
他社では返答内容がブレることがあったんですけど、渡辺工務店さんは全然ブレなかったですね。
奥 様
私は、要望を伝えたときの対応のよさが決め手でした。渡辺工務店さんともう1社で悩んでいたとき、もう1社の方に要望を言ったら、それはお金がかかるからやめた方がいいと言われて。せめて代案があれば…今後おつき合いしたくないと思ってしまいました。
ご主人
お金をかけてもやりたい!というこちらの想いを受け止めてくれないんだなあ…と思いました。
奥 様
渡辺工務店さんは、最後まで話を聞いてくれた上で、こちらの目線になって提案してくれたんです。家がどれだけ良くても、最終的には営業の人柄にかかっていると思いましたね。

要望に対しての渡辺工務店の提案はいかがでしたか?

ご主人
私達の要望を聞いて、ただ上っ面だけの返答は決してしないんですよ。
渡辺工務店さんは営業・設計・施工班が一丸となって取り組んでくれて、実はこうしたいという隠れた要望までも引き出して形にしてくれました。
奥 様
ずっと前にテレビでちらっと見たんだけど、って一言言っただけなのに、申し訳ないぐらい色々調べて見つけてくれたんですよね。こちらの要望もかなり二転三転して苦労かけたんだけど、それでも一緒に考えてくれて。金額のことまで私たちの目線で考えてくれましたね。

ショールームには行かれましたか?

ご主人
はい。渡辺工務店さんがショールームにも同行してくれて。第三者に意見を聞きたいなと思うときがたくさんあったので、とても心強かったです。
奥 様
ショールームのスタッフの話だけでは、本当にこれでいいのか不安が募るんですよね。そういうとき、短所を含めた客観的な意見も聞きたかったので、安心して検討することができました。
ご主人
私たちのわがままな要望に対しては反対してほしくない、でも何か選択する時には反対意見もほしい、ってそれ自体わがままじゃないですか(笑)。でも、渡辺工務店さんはうまく対応してくれるんですよね。

ご夫婦で意見が合わないことはありましたか?

ご主人
ありました(笑)。家に対する考え方の違いがありましたね。
奥 様
ありましたね。

色合いなど、コーディネートはどのように決められましたか?

奥 様
全部私が決めましたね。
ご主人
色合いや素材の好みは、家内と違いがなかったんですよ。モデルハウスや近隣の新築の家を見ながら話し合ったんですけど、すぐに決まりました。

コーディネートに対して、渡辺工務店からの提案はありましたか?

奥 様
私達の選択に対して常に確認しながら、一緒に考えてもらいました。そうしてじっくり選んだ洗面所の床は、リビングにも使いたいぐらい気に入っています。

お打ち合わせはどうでしたか?

ご主人
わたしたちが思う間取りの要望を渡辺工務店さんに伝えて、それをもとに案を作ってもらいました。
そこからまた細かく変えていきながら要望をちゃんと取り入れてもらい、最終的に今の形になりました。

特にこだわったところはどこでしょうか?

ご主人
クローゼットですね。
奥 様
二世帯ということもあって、家族が集うリビングと2階の快適さにこだわりました。

プランの変更は何回ぐらいされましたか?

奥 様
数えきれないほどしましたね。もうそろそろ勘弁してくださいって言われそうなぐらい(笑)。
ご主人
プラン図が出来上がるまで6回、施工図をつくるまで3回ぐらいかかりました。
奥 様
それらが出来上がってくる間にも気が変わって変更してもらうことが、多々あったよね。

渡辺工務店にお会いしてから契約まで、長い期間かかりましたか?

ご主人
期間というより、回数が多かったですね。
子供の学校や消費税のこともあって、完成日の希望があったんです。そこから逆算したスケジュールに合わせてもらうのが大変でしたね。渡辺工務店さんには、たくさん足を運んでいただいたと思います。

渡辺工務店の契約前と契約後の対応で何か変化はありましたか?

ご主人
ないですね。でも、完成日が決まっていたこともあって、契約後の方が一生懸命だったんじゃないでしょうか。

不安や心配なことはありませんでしたか?

ご主人
借家住まいを繰り返して一生を終えるのかなと思っていたので、家づくりに関する知識も全くなく、不安だらけでしたね。
あと、雨どいのある家を多く見かけて、北海道なのに? 雪で壊れないの? 凍ったらどうするの?という疑問もあったので、苫小牧で家を建てるということ自体にも不安を感じていましたね。

金額についてはどうでしたか?

ご主人
契約して金額が決まった後でも、細かいところまで手を加えてくれていたし、おそらくギリギリまで譲歩して、かなり企業努力をしてくださったと思います。
奥 様
こんなに立派な家を建ててくださったので、渡辺工務店さんには、私が説明しますからいつでもわが家にお客さんを連れてきてください、って言ってます(笑)。