home105
  • home105の暮らし
  • home105のテーマ
  • 商品紹介
  • 標準仕様
  • 工法と構造
  • お客様の声
  • 施工実例
  • 気になるお金のこと
  • モデルハウスのご案内
株式会社 渡辺工務店
presented by
株式会社 渡辺工務店
〒053-0811
苫小牧市光洋町2丁目
6番16号
Tel  0144-73-9006
Fax 0144-73-9015
渡辺工務店HOMEへ

低予算でクオリティの高い住宅を建てるなら、渡辺工務店のローコスト・ロープライス住宅『home105』

工法と構造

『home105』は快適・安心の枠組壁工法 (2×4・2×6)

北米生まれの2×4 (ツーバイフォー) 工法(別名、枠組壁工法ともいいます)は、壁の面と床の面および屋根の面によって建物全体を一体化し、一種の箱を組み立てる壁式構造です。在来軸組工法は「柱」や「梁」などを点で結合するのに対し枠組壁工法 (2×4・2×6) は「面と線」によリ6面体で、建物を支えています。
もちろん断熱性能も、住宅公庫基準を上まわる、住宅性能表示制度「等級4」の基準をクリアしています。

来軸組工法、枠組壁工法 (2×4・2×6) :図

火災保険料が在来工法の半額以下!

在来工法と枠組壁工法 (2×4・2×6) とでは、火災保険料も大きく違います。保険法が平成22年1月1日から改正になり、より枠組壁工法 (2×4・2×6) が高気密で耐火基準に優れた住宅であることが認められ、保険料も在来工法からみると半分以下の価格で加入することができます。

当社比(加入年数 10年 一括払い)
当社:あいおいニッセイ同和損害保険(株)代理店
枠組壁工法 約 62,850円
在来工法 約 156,320円
枠組壁工法 (2×4・2×6) の特徴

枠組壁工法 (2×4・2×6) は在来軸組工法とは違い、壁式構造なので、耐震性、断熱性、気密性、耐火性などの居住性能に優れています。

耐震性・耐風性
全体が箱となって家を形作る枠組壁工法 (2×4・2×6) 。壁全体で建物を支えるので、外からの力やねじれに強く、地震や台風にも強い耐久性を発揮します。阪神・淡路大震災では、枠組壁工法 (2×4・2×6) で建てられた住宅のほとんどが倒壊をまぬがれています。
断熱性・気密性
枠組壁工法 (2×4・2×6) は魔法ビンの家と言われている程、断熱性・気密性の高い住宅です。構造用合板と防湿フイルムで外周壁を覆い、窓には気密性の高いサッシを使用。断熱材は外壁と最階下の床と最上階の天井に施しています。省エネで快適な居住空間を生み出します。
耐久性
壁内に断熱材が充填されているため、室外と室内の温度差がゆるやかに緩和され結露が発生しにくい構造となっています。さらに、構造材に乾燥材を使用、外壁を通気層工法とし、耐久性を図っています。
居住性
気密性の高い枠組壁工法 (2×4・2×6) は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。生活音が外に漏れにくいので、家族のプライバシーが守られ、外からの雑音も防ぐことができます。
耐火性
枠組壁工法 (2×4・2×6) は、火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。すべての天井や壁の内側に、厚さ12.5mmの石こうボードが使われています。石こうボードの中には結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして、水蒸気を放出し発火までの時間を遅らせることができます。
面構造が強さの秘密!
Tel  0144-73-9006
    • お問い合わせご相談資料請求はコチラから
    • 家づくりスケジュール
    • 安心保証
    • 会社案内
    • プライバシーポリシー
    • リンク集
    • サイトマップ
  • 室蘭支店 開設のお知らせ
  • 【登別・室蘭】の”ココ”見て!ブログ。