お役立ち情報 : 平屋に屋根裏部屋を設置するメリットや用途をご紹介!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 平屋に屋根裏部屋を設置するメリットや用途をご紹介!

お役立ち情報

平屋に屋根裏部屋を設置するメリットや用途をご紹介!

平屋の購入を検討している方にぜひ知っていただきたいことが、屋根裏部屋についてです。
様々な用途があるため、家を新しく建てたりリフォームしたりするなら、屋根裏部屋を設置したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、平屋の購入を検討中の方に向けて、屋根裏部屋を設置するメリットとどのような用途があるのかご紹介します。

□屋根裏部屋のメリット

屋根裏部屋とは、天井は1.4メートルまでで下の階の半分未満の面積であり、昇り降りは取り外しが可能なはしごを使用している空間です。
この空間に憧れを持つ方も多いと思いますので、その魅力についてみていきましょう。

まず、収納スペースが確保できることです。
平屋ではどうしても収納スペースは、限られますよね。
しかし、余分にスペースを設けられるため、安心感があるでしょう。
さらに、部屋を広く見せられます。

次に、居室として利用すれば、趣味の部屋や客間のスペースとして活用できるでしょう。
また、お子さんがいる場合は、昇り降りが可能な空間がお家にあることで、特別な空間としても使用できるのではないでしょうか。
ただし、屋根裏部屋を設置する際は、屋根の勾配が緩すぎると天井高が十分に確保できません。
このような場合は、居室ではなく、小屋裏収納やロフトスペースとして使用することになるでしょう。

また、快適な屋根裏部屋をつくる際は、屋根の断熱が非常に重要です。
日本の夏は非常に暑いため、日中は太陽光を受けた屋根の熱が直接伝わり、蒸されたように暑くなります。
快適に過ごすためには、屋根部分でしっかりと断熱することが、太陽の光を緩和するために重要です。

□屋根裏部屋の用途

屋根裏部屋の魅力についてはご説明しましたが、実際どのような使用方法があるか気になりますよね。
主な3つの用途について事例とともに見ていきましょう。

1つ目は、収納部屋にする場合です。
ただ、物をたくさん置きすぎても上げ下げが大変な点にご注意ください。
そのため、オープンな空間にしてちょっと上がれるような空間にしてみてはいかがでしょうか。
例えば、本を読んだり、自分の趣味を楽しんだりできるような隠れ家としても活用しても良いですね。

2つ目は、お子さんの遊び場として利用する場合です。
お子さんにとって屋根裏部屋は楽しい場所です。
ただ、安全面の配慮が必要となるでしょう。

3つ目は、寝室として利用する場合です。
天井が低いため、ベッドを置くことは難しいですが、布団や薄いマットを引けば寝室としても十分利用できます。
初めから寝室にしようとお考えの方は、床を畳にしても良いでしょう。
ただ、将来的に昇り降りが難しくなる可能性があるため、注意しておきましょう。

□まとめ

今回は、平屋に屋根裏部屋を設置するメリットをご紹介しました。
物置としての役割以外にも様々な用途があるため、屋根裏部屋を有効活用してみてはいかがでしょうか。
平屋の建築をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。