お役立ち情報 : 平屋を建築予定の方必見!採光の重要性について解説します!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 平屋を建築予定の方必見!採光の重要性について解説します!

お役立ち情報

2022.01.06

平屋を建築予定の方必見!採光の重要性について解説します!

自然が感じられる快適な住宅に住みたい方が多いでしょう。
採光や通風の優劣で住宅を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、採光の重要性と、採光と通風を良くする工夫について解説します。
参考になれば幸いです。

□採光の重要性をご紹介します!

採光に優れていると、平屋に住むうえでどんなメリットがあるかご存じでしょうか。
日差しが入ることで、部屋全体に光が行き届いている様子は想像しやすいですよね。
しかし、それだけではないのが採光の大事な理由です。

まず注目すべき点は、日中に指す光の量と、行き届く範囲です。
平屋の窓や構造を工夫することで、部屋全体が十分に明るくなるため、日中照明を使わなくても良くなります。

また、日光を自然の時間に合わせて浴びることで生活リズムが整います。
睡眠不足や気分の浮き沈みも改善してくれるので、健康にとってもメリットです。
床や壁、ソファーなどの家具にも日光がかかるので、ダニやカビ対策にもなるでしょう。

□採光と通風の工夫についてご紹介します!

平屋に光を入れる方法は様々あります。
まず1つ目は、窓の位置を高くすることです。
高窓は開けっ放しにしていても近隣住宅から中が見えないので、人目が気にならないでしょう。
逆に窓が低いと、時間帯によって採光度が変動しやすいので、採光の良さを活かしきれなくなります。

2つ目は、中庭を設けることです。
予算に余裕がある場合は、中庭を設けると日光の恩恵をより受けられます。
第2のリビングとして、日中のお昼寝屋くつろぎスペースにすると、リラックスできますよ。

通風も工夫して取り入れるべきでしょう。
南北に窓を2つ設けると、通風を最大限に活かせます。
日本では、風が南北に吹く地域が多いので東西に開口する場合と南北に開口する場合とでは大きく違います。

壁を多くしすぎて風の通り道を塞いでしまわないように工夫しましょう。
窓の場所もそうですが、大きさも重要な要素です。

また、通風にとっても中庭は効果的です。
平屋の真ん中に中庭があることで空気の循環が生まれます。
採光、通風とともに優れた平屋にしたい方は、中庭も検討してみてください

□まとめ

以上、採光の重要性と、採光と通風の工夫についてご紹介しました。
採光や通風に優れた住宅に住むことは、生活を大幅に豊かにしてくれます。
採光や通風を良くするために平屋を工夫したい方は、お気軽にご相談ください。
最適な方法で快適な平屋を実現します。