新築におすすめの玄関タイルの色は?失敗しない玄関タイルの選び方もご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

新築におすすめの玄関タイルの色は?失敗しない玄関タイルの選び方もご紹介します!

家の第一印象は入り口である玄関で決まるため、こだわりの詰まった玄関にしたいですよね。
そこで、今回は新築の玄関タイルにおすすめの色とタイル選びで失敗しないために意識すべきことをご紹介します。
ぜひ、新築の玄関タイルを選ぶ際のご参考にしてみてください。

□新築の玄関タイルにおすすめの色をご紹介します!

玄関タイルは玄関の雰囲気に合わせやすく、汚れが目立ちにくい色が推奨されます。
この2点からグレー系・ベージュ系・ブラウン系の3色が人気かつおすすめの色といえます。

これらの3色をもとに、玄関ドア・室内の床材・建具・外装の色味と比べながら、濃淡を調整していくと、大きな失敗をすることなくお好みに合った玄関づくりが実現できるでしょう。

ここからは淡い色と濃い色のメリット・デメリットをご紹介します。

・淡い色のメリット
どのような内装でもおさまりが良く、玄関全体が明るい印象になり空間が広く見えます。

・淡い色のデメリット
汚れが目立ちやすいです。

・濃い色のメリット
高級感があり、落ち着いた印象を与えます。
また、汚れが目立ちにくいといったメリットもあります。

・濃い色のデメリット
玄関が暗い印象になり、圧迫感を与える可能性があります。
また、乾いた土や埃のように白っぽい汚れが目立ってしまいます。

このように、淡い色・濃い色ともにメリット・デメリットがあるので、内装・外装とのバランスを見ながら、玄関をどのような空間にしたいのか検討しながら、色味を考えていくと良いでしょう。

□玄関タイル選びで失敗しないためには

住宅の顔である玄関はいつまでも綺麗に保ちたいですよね。
そのため、色味やデザイン性以外にも、手入れのしやすさや耐久性を念頭におきながらタイルを選ぶと良いでしょう。

*手入れのしやすさ

凹凸のあるタイルやタイルの間の目地の深いものは汚れが溜まりやすく、掃除の手間もかかってしまいます。
何度も出入りする場所である玄関だからこそ、手入れのしやすさを重視すると良いでしょう。

水洗いをする場合、タイルが湿ったままであればカビの発生・埃の付着につながってしまいます。
水はけの良さも玄関タイルを選ぶ際のポイントにしてみると良いでしょう。

*耐久性の高さ

玄関は人が出入りする場所なので、摩擦や衝撃に耐えられるように耐久性加工されたものを選ぶようにしましょう。
床材によっては耐久性加工ができないものもあるので、その場合は、どの程度耐久性があるのかを確認してから決めるようにしましょう。

□まとめ

今回は新築の玄関タイルにおすすめの色とタイル選びで失敗しないために意識すべきことをご紹介しました。
ぜひ、新築の玄関タイルを選ぶ際のご参考にしてみてください。

当社は皆様から必要とされる工務店を目指して、「無理しない、でも妥協しない家づくり」をモットーに家づくりと向き合っています。
玄関タイルのみでなく、家づくりに関するお悩み、なんでも構いません。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。