洗面台の照明をおしゃれにするには?間接照明も大切です! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

洗面台の照明をおしゃれにするには?間接照明も大切です!

あなたの洗面台を、新しい照明でまるで違う空間に変えてみませんか。
今日は、デザインと機能性を重視する方々のための照明計画についてお話しします。
色温度の選び方から、最適な照明の配置まで、洗面台を最も魅力的に見せる方法をご提案します。

 

□光の色温度で変わる洗面台の印象

洗面台での照明選びは、ただ明るいだけでなく、使い勝手や雰囲気にも大きく影響します。
以下、洗面台における色温度の重要性を紐解いていきましょう。
色温度の基礎知識、昼白色の利点、色温度による印象の違いについての理解が大切です。

1:色温度の基礎知識

色温度とは、光の色合いがどのように感じられるかを数値で表したものです。
数値が低いほど温かみのあるオレンジ色の光、高いほど冷たい青白い光となります。

2:昼白色の利点

洗面台では昼白色がおすすめです。
色温度約5000Kのこの光は、自然光に近く、メイクや髪型のチェックに最適。
身だしなみを整えるための精密な作業が求められる洗面台には、この色温度が効果的です。

3:色温度による印象の違い

昼白色を用いることで、洗面台が明るく清潔感があり、より実用的な空間となります。
一方、暖色系の電球色(色温度約3000K以下)は、リラックス効果がありますが、洗面台の機能性を考えると、あまり適していません。

 

□間接照明も活用!スタイリッシュな洗面台のための照明計画

洗面台をスタイリッシュに見せるためには、照明計画がカギを握ります。
特に鏡との組み合わせ方が、空間全体の印象を左右します。
ここでは照明の選び方を鏡とライトの一体型デザイン、間接照明の活用、デザインと機能性の両立の3つから解説します。

1:鏡とライトの一体型デザイン

最近のトレンドは、鏡とライトが一体化したデザインです。
これにより、顔全体が均等に明るく照らされ、メイクや髪型のチェックがしやすくなります。

2:間接照明の活用

間接照明を用いることで、柔らかい光が洗面台に広がります。
鏡の裏や、天井からの配光で、直接目に光が入らず、心地よい使用感を提供します。

3:デザインと機能性の両立

洗面台の照明は、ただ明るいだけでなく、使用する人の動きや目線に合わせて計画することが重要です。
たとえば、鏡の周辺にはシャドウができないように配慮することが求められます。

 

□まとめ

今回ご紹介した色温度の選び方と照明計画を取り入れることで、洗面台はただの機能的な空間から、もっと快適で、スタイリッシュなお気に入りの場所へと生まれ変わります。
照明1つでこんなに変わるのですから、ぜひ試してみてください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。