お役立ち情報 : 子供部屋がない場合の影響やストレスについて解説します!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 子供部屋がない場合の影響やストレスについて解説します!

お役立ち情報

子供部屋がない場合の影響やストレスについて解説します!

「新居に子供部屋を置くかどうか悩んでいる」「どんな子供部屋にすればよいかわからない」このようにお悩みの方は必見です。
今回は、子供部屋がない場合の影響やストレスについて、また子供部屋作りのコツについてご紹介します。

□子供部屋がない場合の影響やストレスについて解説!

まず、子供部屋がない場合に大きく影響の出る時期は思春期です。
子供の性格にもよりますが、思春期に自分の部屋がないと自主性が身につきにくくなります。
例えば、自分の部屋があることによって、すすんで自分の部屋を掃除しようとする子供もいます。
子供部屋がないと、一般的には親御さんが家中を掃除するので、こういった自主性が身につきにくいでしょう。

散らかしっ放しのお子様もいらっしゃるかと思いますが、それも掃除しない選択をとる自主性だと考えられます。
このように、子供部屋があるのとないのとでは、自主性を身につける機会に差が出ます。

また、思春期は家族に対しても恥ずかしさや隠しごとが出てくる年頃です。
特に、異性の兄弟や姉妹がいる場合には精神的な影響を受けることもあるので注意が必要です。

次に勉強や交友関係に影響が出る可能性があることです。
リビングで勉強するのは集中できないお子様もいらっしゃいます。
自分の部屋があることで、自分で集中できる環境の中で勉強できるので、効率が上がるケースも多くなるでしょう。
大切な時期に、勉強に集中できなければ、成績が下がり、受験にも影響を与えてしまうこともあるので、親御さんが勉強できる環境を作ってあげることが大切です。

また、子供部屋がないと、友達を自宅に呼びにくくなります。
子供が成長するにつれ、親の前では遊びにくくなります。
親御さんにとっても、リビングは掃除できていないから友達をあげてほしくない場合もあるでしょう。
子供部屋があると、友達を家に呼びやすくなり、交友関係への影響を減らせます。

□子供部屋作りのコツについて解説!

まず重要なのは、アレンジできる間取りかどうかということです。
家族構成の変化や子供の成長に伴い、家具やインテリアの配置を自由自在に変えられる部屋であると理想的です。

次に、部屋の明るさです。
結論から言うと、日当たりのバランスが良い部屋を選ぶことをおすすめします。
暗い場所で勉強すると、目や姿勢が悪くなることもあり、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

一方で、明るすぎても勉強や読書の際にまぶしすぎるので注意しましょう。
また、ある程度の自然光が入ると、朝の目覚めや健康につながるので日当たりのバランスが良い部屋を選ぶとベストです。

細かい部分では、学習机の配置にも注意が必要です。
椅子の背後にドアがあると集中しづらいことがあるので、机の正面か横にドアがある配置にすることをおすすめします。
また、子供の安全のためにも外から丸見えではないかどうかという点も大切です。
日当たりや風通しのほか、外部からプライバシーが守られているかどうかにも注意が必要です。

□まとめ

今回は、子供部屋がない場合の影響とレイアウトのコツについて解説しました。
この記事が子供部屋を作る際の参考になればうれしい限りです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、当社までお問い合わせください。