お役立ち情報 : 玄関の大きさはどれくらいが良い?狭い場合と広い場合のメリットを紹介!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 玄関の大きさはどれくらいが良い?狭い場合と広い場合のメリットを紹介!

お役立ち情報

玄関の大きさはどれくらいが良い?狭い場合と広い場合のメリットを紹介!

「玄関をどれくらいの大きさにすればよいかわからない」「家族構成に合わせた玄関の大きさが知りたい」このようにお悩みの方は必見です。
今回は、玄関が狭い場合と広い場合のそれぞれのメリットと、家族構成に合わせた玄関の大きさについてご紹介します。

□玄関が狭い場合と広い場合のメリットについて解説!

玄関が狭い場合のメリットは、他の空間が広くとれて、工事費用が安く済むのはもちろんのこと、整理整頓がしやすいのもメリットの一つです。
狭い玄関だとスペースを有効活用しようという意識が働きやすいので、玄関が広いがゆえに物を置きっ放しにすることを防ぎやすくなります。
玄関が広い場合のメリットは、屋外には置きたくないが家の中には入れたくないものを置けるということです。
具体的には自転車やベビーカー、コートや雨具、アウトドア用品、灯油などの汚れたりぬれたりしやすいものが挙げられます。

最近では「ウィズコロナ時代」に対応して、洗面台やウォークインクローゼットを玄関に配置する間取りが好まれています。
身につけているすべてのものからウイルスや菌が家の中に入らないよう工夫されている玄関も登場していますのでご検討ください。
また、玄関が広いとバリアフリー化のためのスロープも設置できます。

□家族構成に合わせた玄関の広さについて解説!

玄関は家の顔と呼ばれるように、こだわりたい方も多いので、適切なサイズを選ぶことも大切です。
家族構成から考える理想的な玄関の広さは、3~4人家族は2畳、4~5人家族は3畳、5~6人家族は4畳です。
来客が多いのであれば、これに1畳加えると良いでしょう。

2畳の玄関は、玄関として無理なく使えるサイズで、一般的なマンションもこのサイズが主流です。
戸建ての場合はもう少し大きい玄関が主流なので、玄関にこだわりがある方は少し物足りないかもしれません。
また、靴が多い方やベビーカーをお持ちの方には不向きです。

3畳の玄関は、狭いとも広いとも感じない広さなのが特徴です。
大型の下駄箱を置くと圧迫感が強まるので注意が必要です。
インテリアは、ニッチを作ったりするなどスペースを使わないものがおすすめです。

4畳の玄関になると、広さを感じるでしょう。
土間部分やホール部分、収納などがあり、余裕が出ます。
また、広いスペースに物を置いたりインテリアを工夫してオシャレに見せやすいサイズです。

□まとめ

今回は、玄関の広さ別のメリットと家族構成に応じた玄関のサイズについて解説しました。
この記事が玄関選びの参考になればうれしい限りです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、当社までお問い合わせください。