お役立ち情報 : 注文住宅でやってよかったこととは?やっておけば良かった後悔も紹介!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 注文住宅でやってよかったこととは?やっておけば良かった後悔も紹介!

お役立ち情報

2022.05.07

注文住宅でやってよかったこととは?やっておけば良かった後悔も紹介!

「注文住宅でやっておくと良いことって何があるのかな」
新築を初めて建てる際には、成功体験を真似たいと思う方も多いでしょう。
今回は、注文住宅でやっておけばよかったことや後悔を防ぐコツを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□注文住宅でやっておけばよかったことや後悔を防ぐコツについて

新築で家を建てる際は、なんらかの後悔が残ることが多いです。
これは、実際に暮らす際のライフスタイルに対して想像が及ばないためです。
以下では、経験者が語るやっておけば良かったことを3つ紹介します。

1つ目は、トイレを広く取ったことで間取りを圧迫してしまった例です。
これまで住んでいたトイレが狭かったことから、新築では広くしたいと考える方も多いでしょう。
広いトイレにすることで、今後バリアフリーなど高齢になった際に使いやすいというメリットがあります。
しかし、トイレに間取りを割きすぎるのは危険です。

トイレにこだわりすぎて他の間取りが狭くなり、後悔するケースがあります。
特に、トイレは水回りや脱衣所の近くにまとめることが多いため、脱衣所が狭くなることが多いです。
そのため、広さを決める際は他の部屋とのバランスを見てからトイレの広さを決めることをおすすめします。

2つ目は、キッチンにお金をかけすぎて予算が足りなくなったケースです。
キッチンは毎日使うところなので、こだわりたい方も多いと思います。
しかし、キッチンは高いものだと約300万円から400万円ほどします。
料理が趣味で、キッチンに対するこだわりがとても大きいならまだしも、あまりキッチンばかりにお金を費やすと他にお金がかけれなくて困ることがあります。

3つ目は、LDKを広くしすぎて後悔するケースです。
LDKの広さのバランスは難しいですよね。
どのような間取りにするかによっても適切な広さは変わります。
例えばキッチンも込みで18~20畳ほどあればキッチンやソファが置けて広く使えます。

16畳を下回れば大きいソファをリビングの真ん中に置くと狭く感じることがあります。
そのため、壁際に配置するなど広く使うための工夫が大切です。

□後悔を防ぐコツについて

後悔を防ぐためには、打ち合わせ時間を十分にとることが重要です。
注文住宅は完成まで長期に渡るため、引っ越し時期の目標を設定し、そこから逆算して時間を確保することが大切です。
あせって間取りを決めると、不満や後悔に繋がりやすいため、注意しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でやっておけばよかったことや後悔を防ぐコツについて解説しました。
今回紹介したケースを参考に、後悔のない家づくりを目指しましょう。
妥協しない家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。