お役立ち情報 : 平屋の日当たりは良いの?平屋を建てる土地と日当たりの関係について紹介いたします!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 平屋の日当たりは良いの?平屋を建てる土地と日当たりの関係について紹介いたします!

お役立ち情報

2022.05.17

平屋の日当たりは良いの?平屋を建てる土地と日当たりの関係について紹介いたします!

「平屋の日当たりは良いの?」
「平屋の日当たりを良くするには、どこに注意するべきだろうか?」

平屋を建てようとお考えの方で、このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回はそんな方に向けて平屋の日当たりについてご紹介します。

□平屋の日当たりと土地の関係とは?

そもそも、平屋とは2階以上の部分が無い建物のことです。
1階部分にすべての部屋が集まっているため、良くも悪くも日当たり条件を変えづらいです。
洗濯物を外干しする際も、日当たりが悪いと乾くのが遅く、中々洗濯が終わりません。
部屋の中も、自然光が入らないと気分も上がりにくいでしょう。

では、日当たりを良くするためのポイントは何でしょうか。
それは、「土地」です。
最初の土地選びの段階で考慮にいれるべきポイントは2つあります。

*方角

一般的に南側に建物や障害物が無い土地は、日差しを遮るものがないため、日当たりが良くなりやすいです。
平屋の南側に窓を付けたり、庭を設置したりすれば非常に日当たりの良い生活ができます。
この方法以外でもハイサッシや吹き抜けを導入すれば日当たりは改善されますが、かなり費用がかかってしまうので、土地選びの段階から意識しておくことをおすすめします。

*土地、周囲の環境

土地選びの際に、南側が空いているからと言ってそこが必ず良い土地とは限りません。
日当たり以外にも、例えば地盤が弱い土地だとすれば、その平屋は地震が来れば崩壊してしまう可能性があります。

周りの騒音チェックも大切です。
商業施設や大勢人が集まるような場所の近くだと、少なからず騒音が目立つ場合もあります。

以上の理由から、南側が空いているからという安易な理由だけで土地選びはしない方が良いでしょう。

□日当たりの良い平屋を建てるためのポイントとは?

日当たりを考慮するうえで、土地の重要性はご理解いただけたと思います。
そこに加えて、日当たりを良くするためのポイントが2つあるのでご紹介します。

1つ目は、間取りを考える際は方角を参考にすることです。
どれだけ日当たりが良くても、日当たりに合わせた間取りにしないと、家の中の日当たりは良くなりません。
一番日当たりを良くしたい部屋を、日当たりの良い方角に持ってくるのが最善策でしょう。

2つ目は、中庭を作ることです。
中庭を作ることで、そこから家中に日の光が通りやすくなります。
普通では日の光が届かない場所でも、中庭によって日の光が届くようになります。

□まとめ

平屋の日当たりと土地の関係についてご紹介しました。
これから平屋を建てようとお考えの方は、ぜひ土地選びの際に参考にしてみてください。
もし平屋のことでご相談があれば、無料相談を承っておりますのでぜひ当社にご相談ください。