お役立ち情報 : 平屋にビルトインガレージを建てる際のポイントをご紹介いたします!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 平屋にビルトインガレージを建てる際のポイントをご紹介いたします!

お役立ち情報

平屋にビルトインガレージを建てる際のポイントをご紹介いたします!

みなさんはガレージにもいくつか種類があるのをご存じですか。
これから平屋を建てようとお考えの方で、特に車をお持ちの方、将来車を購入しようとお考えの方に向けて、ガレージ設計についてご紹介いたします。

□ガレージは何種類ある?

ガレージには、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、分離型ガレージです。
こちらは住居にくっついているものではなく、住居とは別のガレージになります。
後から新しく作れるので、必要になったときに後から作れるのがメリットです。

2つ目は、ビルトインガレージです。
こちらは 建物の一部分を車を格納するスペースにしたものです。
ビルトインガレージのある住まいを、ガレージハウスと呼ぶこともあります。
建物の一部をガレージにするため、後から作りにくいデメリットですが、少ないスペースでも建物とガレージを建てられるのがメリットになります。

□平屋にビルトインガレージを建てる際のポイントとは?

次に、平屋にビルトインガレージを建てる場合に焦点を当てて解説していきます。

そもそも平屋とは、2階以上の部分が無い建物のことで、1階にすべての部屋が集まっています。
そのため平屋は間取りをよく考える必要があるのですが、そこにビルトインガレージを設置するとなると不安な方も多いでしょう。
そこで、平屋にビルトインガレージを設計するうえでのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、ガレージのスペースを確保してから間取りを考えることです。
ガレージの場所をどこにするか、どれくらいの広さにするかを先に決めておかないと、他の部屋の間取りを決めるのが困難になってしまいます。

なぜなら、ガレージスペースは最低でも車1台分の広さが必要なので、他の部屋の間取りを決めてしまった後に、ガレージスペースが足りないという事態が発生すれば、最初から考え直しになってしまいます。
必ず最初に考えるようにしましょう。

2つ目は、車の振動を感じさせない間取りにすることです。
ビルトインガレージは建物の中にガレージが入ってしまっているので、振動が伝わりやすい特徴があります。
ビルトインガレージと寝室は、できるだけ離すなどの工夫をしておきましょう。

□まとめ

平屋にビルトインガレージを建てる際のポイントについてご紹介しました。
ガレージをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。
もしも平屋のことでご相談があれば、無料相談を承っておりますのでぜひ当社にご相談ください。