お役立ち情報 : リビングイン階段があるお家の寒さへの対策法を紹介します!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > リビングイン階段があるお家の寒さへの対策法を紹介します!

お役立ち情報

リビングイン階段があるお家の寒さへの対策法を紹介します!

リビングイン階段はおしゃれで人気の高い設計でありますが、リビングが寒く感じるという側面もあるようです。
今回は、リビングイン階段があるとリビングが寒くなる理由と寒さ対策について紹介します。
リビングイン階段の設置を検討している方はぜひご覧ください。

□リビングイン階段があるとリビングが寒く感じる理由とは?

リビングイン階段とは、その名の通りリビングにある階段のことです。
階段がリビングにあるため、2階へ行くためには必ずリビングを通る間取りとなっています。
家族が顔を合わせる機会が自然と増えることやおしゃれなデザインが特徴です。

リビングが寒く感じる主な理由は、2階部分とリビングが直結しているからです。
冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へと移動していきます。
リビングイン階段があることで2階部分の空間とリビングの空間がつながってしまうために、2階に暖かい空気が逃げてしまい、リビングが寒いと感じてしまうのです。

ただ、最近の家は高気密な家が増えているので、リビングイン階段にしても寒さを感じにくいと言われています。
当社のオリジナルブランドであるHOME105の住宅も高い気密性が特徴です。

□リビングイン階段を設置する際の寒さ対策とは?

*2階の窓の位置

窓は断熱性が低いため、そこから室内の空気が冷やされてしまいます。
階段真上に窓がある場合、窓ガラスに触れて冷たくなった空気が階段からリビングに降りてくるのでリビングが寒くなってしまいます。
2階の窓の位置を入念に検討し、暖かい空気が2階へ流れた後に冷やされて戻ってくるといった現象を防ぎましょう。

*空気の循環

空気をしっかり循環させて2階へ流れた暖かい空気をリビングへ、リビングの冷たい空気を2階へ送るというのも一つの方法です。
サーキュレーターやシーリングファンなどを用いると良いでしょう。

*住宅の断熱性、気密性の向上

住宅の寒さ対策には何といっても断熱性能・気密性能がカギです。
当社が提供するHOME105の住宅は、ツーバイフォー工法やツーバイシックス工法を採用しているため断熱性、気密性共に優れ ているため、暖かい空気をしっかり閉じ込めてくれます。

□まとめ

今回は、リビングイン階段を設置した際に感じる寒さについて見てきました。
リビングイン階段を設置する際には、きちんと寒さ対策を講じておきましょう。
当社では、断熱性に優れた注文住宅の施工を承っております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。