お役立ち情報 : 吹き抜けでも寒くない!吹き抜けがある部屋を暖かくする方法をご紹介!|注文住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・千歳・登別・室蘭・日高
  • HOME
  • お役立ち情報
  •  > 吹き抜けでも寒くない!吹き抜けがある部屋を暖かくする方法をご紹介!

お役立ち情報

吹き抜けでも寒くない!吹き抜けがある部屋を暖かくする方法をご紹介!

開放感がありおしゃれな空間を演出できる吹き抜けには、根強い人気があります。
しかし、「リビングを吹き抜けにすると寒いのでは」と不安に思う方もいるでしょう。
そこで今回は、吹き抜けのある空間の寒さの原因や吹き抜けがある部屋を暖かくする方法について解説します。

□吹き抜けがあると寒さを感じる原因とは?

1つ目の原因として考えられるのが、吹き抜けの空間に暖房能力が見合っていないことです。
吹き抜けを設けると、天井が高くなるため空間としては広くなります。
その広くなった空間を十分に暖める暖房の能力、数がないと寒さを感じるのは当然と言えますね。

2つ目の原因は、住宅自体の断熱性能が低いことです。
吹き抜けのある空間で寒さを感じる時、「コールドドラフト現象」という現象が起きています。
コールドドラフト現象とは暖房で暖められた空気が天井付近に上昇し、天井付近の窓によりその空気が冷やされ、再び下に降りてくるという現象です。
吹き抜けを設ける時、天井付近に大きめの窓をつけることが多いです。

そしてこの窓の断熱性能が低いと、先述のコールドドラフト現象が起きてしまうために寒い空間になってしまうのです。

□吹き抜けのある空間の寒さ対策とは?

*天井付近の窓

先ほども述べたように、吹き抜けの天井付近の窓の断熱性能が低いとコールドドラフト現象が起きて寒い空間になってしまいます。
つまり、天井付近の窓の断熱性能を高めればそれだけで十分な寒さ対策になるのです。
具体的には、窓のガラスをトリプルガラスにしたり、カーテンを取り付けたりすると良いでしょう。

*家全体の断熱性能、気密性能

窓だけでなく、家全体の断熱性能、気密性能も高めましょう。
当社のオリジナルブランドであるHOME105の住宅には、断熱性に優れた「ツーバイフォー工法」と「ツーバイシックス工法」が主に採用されていますので、断熱性能は抜群です。

*シーリングファン

天井にシーリングファンを取り付けることで、暖かい空気が空間全体に循環してくれます。
また、シーリングファンは実用的であると同時にインテリアのような役割も果たしてくれます。
床暖房を設置して床から空間を暖めるのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、吹き抜けのある空間の寒さへの対策法などを見てきました。
魅力的な吹き抜けですので、ぜひ住宅に取り入れてみてください。
当社では、断熱性に優れた注文住宅の施工を承っております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。