お役立ち情報

4人家族で平屋に住むならどういう間取りがいい?

4人家族で平屋に住むのであればどのような間取りにするのが良いのでしょうか。
「4人で住むには平屋は狭いのかな?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
実は、4人家族で平屋に住む際に必要な広さや間取りの注意点などがあるので詳しく解説します。

□4人家族が平屋を建てる場合にはどのくらいの広さが必要なのか

一概に4人家族といっても、おじいちゃんおばあちゃんがいる場合や夫婦と子供達2人の家族の場合などがあります。
それぞれのケースによって最適な間取りや広さは異なるため、詳しく見ていきましょう。

最初に、子供が2人いる夫婦の家庭のケースを考えてみます。
寮付きの学校に入ったり、市外の大学に行き一人暮らしを始めたり、成人して仕事を始めると家を出て部屋を借りるようになったりと、子供はいずれ家を出ることが多いです。
子供の部屋を2つ作ると後で持て余すことになってしまうかもしれません。
そのため、子供が2人いる夫婦の家庭の場合は、子供一人一人の部屋を作らなくても良いので、それほど広い家が必要になるわけではないでしょう。
一方、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らす家の場合は、それぞれの部屋をきちんと作る必要があるので、30坪程度あると全員が満足できる平屋を建てられると思います。

□4人家族を想定して間取りを考える際の注意点を紹介!

大きく分けて3つの注意点がありますので、それぞれ詳しく確認していきましょう。

*日光をきちんと確保できるようにしよう

4人家族で平屋に住む際には、日光がきちんと入るように設計することが大切です。
日中家族が集まるリビングは最も日当たりが良い場所に作ると良いでしょう。
また、子供が遊ぶための部屋を作る場合にも、日当たりが良い場所に作り、子供の活発性をより促進させられるようにすることをおすすめいたします。
寝室は日当たりよりもリラックスして眠れるような配置を優先すると良いでしょう。

*収納の計画をきちんと立てよう

限られた広さをうまく活用できるように、どこにどのくらいの大きさの収納を作るのかをきちんと考えましょう。
4人家族といえど、家族構成によって荷物の量は変わります。
それぞれの仕事や学校、趣味のものはどのくらいかさばるのかを考えてシミュレーションしておくことをおすすめいたします。

□まとめ

4人家族で平屋に住む際に必要な広さや間取りの注意点について知っていただけたと思います。
平屋を建てる際には、どのくらいの広さでどのような間取りにしたら良いのかを事前にシミュレーションすることをおすすめいたします。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご相談ください。