• HOME
  • お役立ち情報
  •  > 平屋を建てたい方必見!考えておきたい防犯対策についてご紹介します!

お役立ち情報

2021.07.21

平屋を建てたい方必見!考えておきたい防犯対策についてご紹介します!

最近、平屋住宅を建てたいという方が多くいらっしゃいます。
平屋住宅には2階建ての住宅とは違った魅力があり、さまざまなメリットも存在します。
ただ、平屋住宅は空き巣が侵入しやすいため、しっかりした防犯対策が必要になります。
そこで今回は、平屋を建てたい方に向けて考えておきたい防犯対策をご紹介します。

□狙われやすい住宅について

平屋は採光や通風のため、窓が多くなりやすい上に、建物も低いため侵入しやすいと言われています。
中でもどのような平屋が狙われやすいのかについて詳しくご紹介します。

まず挙げられるのは、死角が多い住宅です。
周囲に高い建物や塀などがある場合、空き巣に狙われる傾向があります。
高いものがあると侵入されにくいのではとお考えの方もいらっしゃいますが、死角が多いと周囲の人にも気づかれにくくなります。
そのため、このような環境の住宅は注意が必要です。

次に新築の家です。
建築作業をしている期間は工事の作業関係者が出入りします。
このように人が多く居るため不審に思うことが少ない時、家の周辺を空き巣犯が視察していることがあります。
どこが侵入しやすいかといったことを把握されると狙われやすくなるため注意が必要です。

最後に、防犯意識の低い家です。
普段から鍵をかけていなかったり、戸締りをしていなかったりする家は空き巣の標的になってしまいます。
日ごろから注意するようにしましょう。

以上が空き巣に狙われやすい環境になります。

□やっておきたい防犯対策

先ほどは空き巣に狙われやすい環境についてご紹介しました。
ここからは、平屋の住宅でやっておきたい防犯対策についてご紹介します。

まず、玄関や窓などの出入り口にセンサーライトを設置しておくことが挙げられます。
先ほどの項目でご紹介した通り、空き巣は死角が多い環境を狙ってきます。
このセンサーライトを活用すれば、人を自動的に感知し死角を少なくできるので空き巣が嫌がる環境を作れます。

次に、防犯フィルムを窓ガラスに貼っておくことが挙げられます。
防犯フィルムを窓ガラスに貼っておけば、窓ガラスが割れにくくなり空き巣が侵入するまでに時間がかかるようになります。
空き巣は時間がかかることをリスクと考えているので、効果的な防犯対策と言えるでしょう。

以上が実際に取り組んでおきたい防犯対策になります。

□まとめ

今回は、平屋を建てたい方に向けて考えておきたい防犯対策をご紹介しました。
平屋は窓が多いため、空き巣に狙われやすい住宅と言えます。
そのため、今回ご紹介した防犯対策をきっちりとしておくことをおすすめします。
本記事が平屋の住宅をお考えの方の参考になれば幸いです。