平屋では採光に注意が必要!その理由を詳しくご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋では採光に注意が必要!その理由を詳しくご紹介します!

平屋は最近おしゃれな住宅として人気があります。
ただ、「何か注意しなければいけないことはないのだろうか」と不安になる方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、平屋をお考えの方に向けて採光に注意が必要な理由についてご紹介します。
ぜひお役立てください。

□平屋の場合採光や通風に注意が必要!

日当たりの良い住宅を実現するためには、リビングや自室など、比較的いる時間の長い部屋を南東側におくことが多いです。
反対に、日当たりが良くなくても良い空間は日陰になりやすい方角に配置します。

ただ、周囲の建物の高さによってこれらのおすすめの方角は変わってきます。
特に、平屋であれば建物が低いため、周辺環境に左右されやすくなります。
そのため、平屋の場合は採光と通風に注意が必要と言えるでしょう。

採光の面でこの問題を解決するためには中庭がおすすめです。
中庭を配置し、平屋をコの字型にすれば太陽光がどの方角からも差し込みやすくなり、常に光を確保できます。
通風の面でも、中庭に面して窓を取り付ければ、周囲の目を気にせず風通しの良い住宅を実現できる可能性が高まります。

以上が平屋で採光に気を付けなければならない理由になります。

□採光と通風の工夫について

先ほどは、平屋で採光に気を付けておきたい理由についてご紹介しました。
ここからは先ほどご紹介した以外の採光の工夫についてご紹介します。

まず、高窓です。
壁の高い位置に窓を取り付けることで、周辺環境を気にせず光を取り込めます。
ただ、窓の高さを検討しないと効果的にならない可能性もあるため、注意が必要です。

逆に、窓の高さが不十分だと時間帯によって屋内に入る光の量にばらつきが生じてしまいます。
予算があれば、中庭を作ってくつろぎの空間にし、第2のリビングとして使用するのもよいですね。

次に開口部の工夫です。
快適に過ごすためには採光だけでなく、通風にも気を付ける必要があります。
開口部のおすすめの方角は南北です。
理由としては日本の風は南北に吹きやすいことが挙げられます。

このようなことに気を付けておくことで、快適な住宅が実現できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

□まとめ

今回は、平屋をお考えの方に向けて採光に注意が必要な理由についてご紹介しました。
住宅で快適に過ごすためには採光は非常に重要なものになります。
採光について考える際は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、平屋についてご興味のある方はお気軽に当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。