新築キッチンの失敗例を知って満足できる家づくりをしませんか? - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

新築キッチンの失敗例を知って満足できる家づくりをしませんか?

「新築キッチンの失敗例について知りたい」
マイホームを成功させるならよくある失敗を知っておき、あらかじめ対策をすることが大切です。
そこで今回は、新築キッチンの失敗例やキッチンを決める際のポイントについて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□新築キッチンの失敗例について

せっかくのマイホームなので、後悔はゼロにしたいですよね。
しかし、新築に住み始めてから多くの人が、キッチンで何らかの後悔をしています。
そこで以下の失敗例を参考に、後悔しないキッチンづくりにお役立てください。

1つ目は、形や広さです。
キッチンの形にはI型、L型、U型、アイランド型、ペニンシュラ型があります。
I型ならキッチンの片付けが大変だったり、急に子供が近づいてきた時に危なかったりといった声があります。
L型とU型ならリビングが狭くなったり、コーナー部分が使いづらかったりといった声があります。

2つ目は、仕様です。
天板シンクをステンレスにした結果、傷や凹みが目立ったり、サビた部分の掃除が大変だったりといった声があります。
また人造大理石にした場合は、熱いものを置いたら跡が残ったり、重いものを落とした時に割れてしまったりといった声があります。

3つ目は、オプションです。
食洗器選びでは浅型か深型か、さらにはメーカーも悩むところでしょう。
浅型の場合はフライパンが入れにくく、引き出しにした状態だとキッチンが通りにくいといった声があります。
また換気扇をケチってしまった結果、掃除が大変だったり、よく油が落ちてきたりするといった声があります。

□キッチンを決める際のポイントとは?

キッチンを決める際のポイントは、使いやすさを考えることです。
キッチンは毎日使用する人が多く、特に専業主婦の方の場合は、1日の大半をキッチンで過ごすことが多いでしょう。
キッチンでは不要な動作が生まれないように、動線と呼ばれる移動距離を短くできるようなレイアウトをすることがポイントです。
そのため、どういったシステムキッチンを選ぶかでキッチン前での動線が決まります。

さらに、料理をする際にどういった動作をするのか考えることで、適切な食器棚や冷蔵庫の場所が決まります。
使いやすいキッチンにするためには、限られたキッチンスペースに合うシステムキッチンなのか、それに合う冷蔵庫や食器棚の場所が確保できるかがポイントとなります。

□まとめ

新築キッチンの失敗例やキッチンを決める際のポイントについて解説しました。
マイホームを建てる際に、どうしても不満が出やすい場所がキッチンです。
キッチンは毎日使う人も多いでしょうから、不満のないようにしっかり考えてくださいね。
マイホームの建築をご検討中の方はぜひ当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。