ウォークインクローゼットを設けるメリットとは?注意点も併せてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

ウォークインクローゼットを設けるメリットとは?注意点も併せてご紹介!

「ウォークインクローゼットのメリットって何があるのかな」
ウォークインクローゼットは収納スペースがほしい方にとってはとても魅力的でしょう。
今回はウォークインクローゼットのメリットや注意点について紹介します。
ウォークインクローゼットを取り入れるか迷っている方はぜひ参考にしてください。

□ウォークインクローゼットのメリットとは

まずはウォークインクローゼットのメリットからおさらいしておきましょう。

1つ目は、たくさん収納でき、自由度が高いことです。
ウォークインクローゼットは服だけでなく、靴やアクセサリー、カバンなど様々なものが入ります。
また、収納スペースが広い分、収納する場所も決められて便利です。

2つ目は、着替えるスペースとして使えることです。
ウォークインクローゼットには通路があるため、そこで着替えることも可能です。
何を着ようか悩んだ時にその場で着替えられるのは便利ですよね。
また、家族がいる場合でも、閉めて利用できます。

3つ目は、扇風機やスーツケースなど大きなものが置けることです。
扇風機や季節の家電、旅行の際にしか利用しないスーツケース、楽器など大きなものも入ります。
部屋がスッキリして快適になるでしょう。

□ウォークインクローゼットの注意点については

最後に、設置するなら気を付けて頂きたいことを2つ紹介します。

1つ目は、服のサイズを確認して、奥行きを決めることです。
収納は有効寸法をしっかり考えてから決める必要があるため、収納するもののサイズはしっかり把握しておきましょう。
目安として、スーツなら50センチ、コートなら60センチほどです。
収納ケースも入ると便利ですね。

2つ目は、通路幅です。
ウォークインクローゼットでは収納ケースを置く方が多いため、引き出しを出す場所は確保する必要があります。
大体60センチほどの通路幅があれば便利でしょう。
ただし、スペースをとりすぎると、デットスペースになり後悔する例もあるので、優先順位はしっかり考えてくださいね。

また、ハンガーパイプの上に棚を設置するケースが多いですが、ハンガーパイプと棚の距離が近すぎてハンガーを取り外しするのが難しくなるケースもあります。
収納された状態だけでなく、実際に使う際の利便性についても考えてみてくださいね。

□まとめ

ウォークインクローゼットのメリットや注意点について解説しました。
収納は家族の生活スタイルに合わせることが大切です。
そのため、ウォークインクローゼットを検討する際は、家族の人数や生活スタイルを踏まえて考えてみてくださいね。
その他住宅に関してのお悩みはぜひ当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。