4人家族の家を建築予定の方必見!必要な家の広さについて紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

4人家族の家を建築予定の方必見!必要な家の広さについて紹介します!

「4人家族にピッタリな広さってどれくらいだろう」
これから家を建てる予定の方は、広さの目安について知りたいところですよね。
そこで今回は、4人家族に必要な家の広さや、4人家族の家で注意することを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□4人家族が住むのに必要な広さについて

国土交通省の「住生活基本計画における居住面積水準」によれば4人家族が「豊かな生活を送ること」を前提にした場合は、郊外の戸建ての場合、125平米ほどが理想とされています。
また、もし3歳児と5歳児が一人いるなら、112.5平米が理想的と言われています。

このうち、家族で集まるリビング部分は10から14畳ほどあれば良いでしょう。
その他は、子供部屋や夫婦の寝室を確保するために必要な部屋数、その他の水回りや収納スペースの間取りをとる必要があります。
4人家族が快適に済める住宅を探す際は、これらを考えながらライフスタイルに合わせて優先順位を決めていきましょう。

続いては、2から4LDKごとに4人の生活をシミュレーションしてみましょう。

まず、2LDKの場合です。
この部屋数なら子供部屋と夫婦の部屋を作ることが可能でしょう。
子供が2人とも小学生なら、共有の子供部屋でも不満はでないと思います。

続いては、3LDKの場合です。
子供が中学生、もしくは異性の兄弟ならもっと早い段階で別々の個室を欲しがるかもしれません。
3つの居室がある3LDKなら、子どもが2人いてもそれぞれの部屋を確保できるでしょう。
またプライベートの時間をとりながら、リビングでは団らんを楽しめるというメリットもあります。

最後は、4LDKです。
3LDKに比べかなりゆとりのある家になるでしょう。
子供部屋と夫婦の部屋の他に、ゲストルームも確保できれば急な来客にも対応できます。
最近では在宅勤務も増えてきているため、仕事部屋を作るのも良いでしょう。

□4人家族の家で注意することとは

家の広さや間取りを決める際は、年数により生活スタイルや家族の人数が変化する点を押さえておきましょう。
一方で子供が独立してしまった場合に、夫婦2人で部屋を持て余してしまわないか考えることが大切です。
家族が減った際は、使わない部屋が多い場合より、各部屋が大きい方がゆったりと暮らせます。

例えば、子供部屋は引き戸などで仕切れるようにしておき、必要が無い場合は開け放って広く使えるようにするといった工夫ができます。

□まとめ

4人家族の家の広さや4人家族の家で注意することについて解説しました。
家づくりをする際は、家族構成やライフスタイルが変わった場合にも柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。
ぜひ今回の記事を参考に家族で快適な住まいを実現してみましょう。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。