平屋に4人家族で住みたい!必要な坪数や間取りの注意点を紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋に4人家族で住みたい!必要な坪数や間取りの注意点を紹介!

「4人家族で平屋に住む場合、坪数はどれくらい必要かな」
初めての家づくりで広さの調整は難しいですよね。
そこで今回は、家に必要な坪数はどれくらいなのか、4人暮らしの間取りで気を付けたいことを紹介します。

□坪数はどれくらいが必要なのか

4人家族にも色々な形態がありますが、平屋を建てる際にはどれくらいの広さを準備した方が良いのでしょうか。

例えば、25坪で4人家族は窮屈すぎるのでしょうか。
家族が4人で25坪だとしても、部屋を無計画に作りすぎるのは正解とは言えません。
子供はある程度大きくなれば、いつの日か巣立ってしまいます。
子供2人の部屋を作り、夫婦の寝室も作り、プラスで和室が欲しいなど様々な要望があると思いますが、家族の人数が減れば使い道に困ってしまいます。

中には、家族がそれぞれプライバシーを保てる部屋が欲しいと考える方もいらっしゃいます。
その一方で、個室を多く作る必要性は感じず、最低限のプライバシーが保てればOKという意見もあるでしょう。
平屋に屋根裏部屋を作り、子供の部屋をたくさん作るのも面白い発想かもしれません。
平屋なら階段がない分、案外使用できるスペースがあります。

30坪の平屋であれば、畳60畳分に該当するため、相当広いことが分かります。
また、狭いか狭くないかで言えば、4人家族で30坪は贅沢な広さでしょう。
30坪の平屋でなるべくリビングをとりたいと考える人も多いでしょう。
その場合は、18畳から20畳のリビングを作り、キッチンやダイニングルームも一緒に広く取るのがおすすめですよ。

□4人の間取りで気を付けたいことについて

最後に4人部屋の間取りで注意したいことを3つ紹介します。

1つ目は、日当たりに注意することです。
間取りを決める際に日当たりは考慮したいところでしょう。
例えば、1日で最も長く過ごすリビングは、日当りの良い部屋にしたいという方は多いです。

2つ目は、子供の成長に合わせ柔軟に対応できるように注意することです。
子供が大きくなるとともに、家族の生活スタイルも変わります。
やがて小学生、中学生、高校生、大学生へと成長するため、柔軟に変化に対応できる部屋にしてあげてくださいね。

3つ目は、適度に家族同士が距離を保てるように注意することです。
いくら家族と言っても、プライバシーの時間を持つことは大切です。
しかし、家族との時間も大切なので、適度に触れ合えながらも自分の時間も確保できるような間取りを目指しましょう。

□まとめ

今回は、平屋の坪数はどれくらいが良いか、4人の間取りで気を付けたいことについて解説しました。
今回の記事を参考に、ご自身の家族にとって適切な家の広さを考えてみてください。
平屋の新築をご検討中の方はぜひ一度当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。