平屋で4人家族は生活できる?家族が多くても生活できる平屋について紹介いたします! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

平屋で4人家族は生活できる?家族が多くても生活できる平屋について紹介いたします!

「家族4人で平屋に住むには、どれくらい広さが必要なのだろう?」
「何に注意して間取りを決めれば良いのか?」

4人家族の方や、これから平屋を建てようとお考えの方で、このようなお悩みをお持ちの方は多いでしょう。
今回はそんな方のために、失敗しないための平屋選びを紹介します。

□4人家族に必要な広さはどれくらい?

4人家族ともなると、ある程度広い居住スペースの確保が必要になります。
その中でも、4人家族が住むのに必要な平屋の最低限度の広さは、50平米と言われています。
50平米とは、間取りに換算すると2LDKになります。

しかし、こちらの間取りはあくまでも最低限度のものです。
お子さまがいらっしゃる家庭や、高齢の方がいらっしゃる家庭の場合、2LDKでは少し窮屈かもしれません。
特に年頃のお子さまがいらっしゃる場合、人数分の個人部屋が必要になることも多いでしょう。

そこで上記の最低限度の間取りに対して、各家庭のライフスタイルに合わせた生活ができる広さとして、誘導居住面積水準が定められています。
この水準は、都市部とその周辺に定めた「都市型」と都市部以外に定めた「一般形」に分かれており、4人家族だと、都市型の場合は95平米、一般型の場合は125平米と定められています。
間取り換算で、3LDK~5LDKほどです。
これくらいの広さになると、4人家族でも快適に過ごせるでしょう。

□4人家族の間取りで注意するべきポイントとは?

次に間取りを考える際に注意するポイントが3つあるので、それぞれ紹介していきます。

1つ目は、日当たりです。
特にリビングは過ごす時間が多いという家庭もあると思うので、日当たりには注意しておきましょう。
洗濯物を干す際も、日当たりが悪いと乾かなくて困りますよね。

2つ目は、家族全員分の収納です。
4人家族になれば、必然的に各個人の服や荷物が増えます。
その分の収納をどうするかあらかじめ考えておきましょう。
工夫次第で収納スペースを生み出せるので、ぜひ検討してみてください。

3つ目は、お子さまの成長に合わせた対応ができるかどうかです。
お子さまが小さいときは、遊び部屋や、もしくは遊び専用のスペースが必要になるかもしれません。
そのため、個人部屋は必要ないでしょう。

しかし、お子さまが大きくなり中学、高校に進むと、プライバシーや勉強のために個人部屋が必要になるご家庭は多いです。
その時に備えて間取りを考えておくと、後々引っ越したりリフォームしたりすることもなくなりますね。

□まとめ

4人家族が平屋に住むための広さと注意点について紹介しました。
もし平屋のことでご相談があれば、無料相談を承っておりますのでぜひ当社にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。