二世帯住宅を検討中の方へ!円満に暮らすポイントを解説します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

二世帯住宅を検討中の方へ!円満に暮らすポイントを解説します!

二世帯住宅には、お互いに生活をサポートできる、家族が多く居る安心感を得られるなどのメリットがありますが、注意したいポイントがあるのも事実です。
今回は、二世帯住宅で円満に暮らすためのポイントを主に紹介します。

□二世帯住宅にする際に注意したいポイントとは?

*世帯の分け方

親世帯と子世帯では、当然生活リズムが異なります。
例えば1階に親世帯、2階に子世帯という分け方をすると、親世帯は就寝したいのに2階の子どもの声や物音がうるさくて眠れない、といったことになりかねません。
1階の就寝スペースと2階のリビングが重ならないようにしたり、居住スペースの分け方を変えてみるのがおすすめです。

*外観

二世帯住宅とはいえ、外観は統一されたデザインになることが多いです。
世帯間で好みの外観も異なると思うので、きちんと話し合いをしたうえで外観を決定しましょう。
流行のデザインや色を取り入れるのも良いですが、長く住むことを考えてデザインを決めることが大切です。

*お金

家族間ではありますが、お金について話し合うことも大切です。
建築費用をどちらがどれだけ払うのか、光熱費や水道代の支払いをどうするかなど、トラブルが起きないように住宅を建てる前に話し合っておきましょう。

□二世帯住宅の間取りのタイプとは?

1つ目のタイプは、完全同居型です。
このタイプは、玄関からリビング、トイレまで全てを二世帯で共有します。
二世帯合わせた大人数で1つの一戸建てに住むと考えてもらうと良いかもしれません。メリットとしては、建築費用が抑えられること、家事や子育てがしやすいことが挙げられます。

ただ、家事や子育ての役割分担や生活時間を決めておかないとトラブルに発展しかねません。
十分な話し合いが必要です。

2つ目のタイプは、部分共有型です。
このタイプは、トイレや玄関などの一部分を共有するスタイルです。
お互いの時間や生活の仕方を尊重しながら暮らしたい人におすすめですが、共有することと共有しないことは事前に明確にしておくべきでしょう。

3つ目のタイプは、完全分離型です。
お互いの暮らしには干渉しませんが、何かあった際に助け合えるような間取りになっています。
建設費が高くなる点には注意しましょう。

□まとめ

今回は、二世帯住宅を建てる際に注意したいポイントや間取りのタイプについて見てきました。
二世帯住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
当社では、自由設計でスマートな家づくりを承っております。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。