採光のしやすい吹き抜け!その他のメリットとは? - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

採光のしやすい吹き抜け!その他のメリットとは?

最近人気のある吹き抜けには様々なメリットがあります。
そこで今回は、リビングの吹き抜けのメリットや吹き抜けを作る際のポイントについて解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□吹き抜けのメリットとは

リビングの天井を吹き抜けにすることで得られるメリットは多いです。

天井が吹き抜けの空間は、明るさや開放感を与えてくれます。
部屋の広さが充分にあるとは言えなくても、天井が吹き抜けになっていることで狭さを感じにくくなるでしょう。

また、天井が吹き抜けになることで、2階にいてもリビングでの息づかいに触れられます。
そのため1階にいる家族が2階にいる子どもの動向を知る、といったことも可能です。

吹き抜けのリビングは、採光にも効果的です。
高い位置にも窓を設置できるため、天井から日の光がたっぷり差し込み、リビングが明るい印象になります。

とくに吹き抜けによる採光の効果は、都心部で家を立てる場合に発揮されます。
都心部では広い土地を確保するのが難しく、家が密集しがちです。
リビングを吹き抜けにして天井付近に窓を設置すれば、近隣の視線を気にすることなく、採光や風通しを確保できます。

□北海道の住宅で吹き抜けを作る時のポイントとは

寒い期間が長い北海道の住宅では、寒さ対策を十分にすることが大切です。
北海道の住宅に吹き抜けを設置する場合は、次のポイントに留意しましょう。

*天井にシーリングファンを取り付ける

天井にシーリングファンを取り付けると、室内の空気がしっかり循環するので温度差が生じにくくなります。
冬場は、暖かい空気が上方に行って1階部分が冷えることが多いですが、シーリングファンを使って空気を循環させれば、1階部分の暖かさを保てます。

*床暖房で足元から暖める

暖かい空気は上方に行くため、特に冬場は足元が冷えやすくなります。
吹き抜けを作ると特に1階部分が冷えるので、足元から室内を暖めるためにも床暖房を導入しましょう。
また、床暖房以外には電気カーペットも有効な設備です。

*断熱性能を高める

住宅を建てるときは、壁や床、天井などの資材はすべて断熱性能の高いものを選ぶようにしましょう。
また、窓はトリプルサッシにし、窓から暖かい空気が逃げるのを防ぎます。

住宅の断熱性能を高めると、光熱費の節約にもつながります。

□まとめ

今回は、吹き抜けのメリットや吹き抜けを作る時のポイントについて解説しました。
皆様の参考になれば幸いです。
当社では、機能的でスマートなマイホームを提供しております。
注文住宅を建てる際は、ぜひ当社にお任せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。