便利なランドリールームをさらに使いやすくするための方法をご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

便利なランドリールームをさらに使いやすくするための方法をご紹介!

毎日行う家事の1つに洗濯があります。
洗濯は洗う、干す、畳む、しまうなど時間と手間がかかるものです。
そこで今回は、毎日の洗濯を楽にしてくれるランドリールームについて解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□使いやすく便利なランドリールームとは

ランドリールームは洗濯物を洗う、干す、畳むといった洗濯に関する作業をするための部屋のことです。
洗濯の作業がランドリールームだけで完結できるので、とても効率的ですね。

以下では、使いやすいランドリールームの特徴を見ていきましょう。

*収納までの作業を一か所に集約

家族の服を収納できるファミリークローゼットも設置することで、収納するまでの作業をランドリールームだけで完結できます。

洗濯は「畳んで、収納する」作業の方が意外と手間がかかるものです。
後で畳もうと思って、ソファの上や畳の部屋に置きっぱなしにしてしまうこともあると思います。
ランドリールームで干して、乾いた服をそのまま収納できれば後回しにすることもなくなるでしょう。

*広すぎないランドリールーム

ランドリールームは必要以上に広すぎないほうが使いやすいでしょう。
部屋が広いほうが収納スペースを広く取れますが、かえって効率が悪くなる可能性があります。
広すぎず、狭すぎない適度な広さにすることで、効率良く作業しやすいランドリールームにできます。

*高めのカウンター

カウンターは洗濯物を畳む以外にも、アイロンをかけるスペースとして使えます。
カウンターは高めにしたほうが腰に負担もかからず、使い勝手が良いのでおすすめです。
また、コンセントの設置も忘れないようにしましょう。

□屋内・屋外の洗濯スペースの違いとは

室内なら季節や天候、気温に左右されずに洗濯物を干せるのが大きなメリットです。
夏場の室内干しは生乾きの臭いが心配かもしれませんが、網戸にして風通しを良くすれば生乾きは避けられます。

一方、日当たりも通気性も良い屋外の物干し場は早く乾くのが大きなメリットです。

しかし、場所によっては近隣のお宅から洗濯物が丸見えになり、人目が気になってしまう場合もあるかもしれません。
また、家族に花粉症の方がいると春から初夏の外干しはしづらいですよね。

□まとめ

今回は、使いやすいランドリールームの特徴について解説しました。
本記事が皆様の参考になれば幸いです。
当社では、機能的でスマートなマイホームを提供しております。
注文住宅を建てる際は、ぜひ当社にお任せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。