二階にフリースペースを設けたい!活用法をご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

二階にフリースペースを設けたい!活用法をご紹介します!

子育て世代の方で住宅の建築を検討されている方の中には、フリースペースを設置しようか迷われている方もいらっしゃるでしょう。
フリースペースは子育てをする上でとても便利な空間であり、子育て以外にも様々な使い方があります。
今回は子どものフリースペースの使い方と、それ以外の使用方法についてご紹介します。

□子どものためのフリースペースとは

子育ての負担を減らすためによくフリースペースが活用されます。
階段から上がってすぐの場所に配置することで、キッチンから親の声を聞けるので、子どもは安心できますし、親からも子どもの存在を把握できるので安心できますね。

子どもの遊び場所としても用いられる一方で、勉強場所に使われることも多いです。
リビングの近くに勉強場所を置いてしまうと、うるさくなって集中できなくなってしまう可能性がありますが、二階にフリースペースを作ることによってリビングとは少し切り離された空間を作られます。

このように、子どもの年齢や成長段階に合わせて用途を変えていくことでさまざまな活用方法を見出せるでしょう。

□フリースペースの活用方法とは

前章までの内容を読んで、フリースペースは子育てが終わったらいらなくなるのではないかと思われた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、フリースペースはそれ以外の活用方法もあります。
ここでは子育て場所以外の活用方法についていくつかご紹介します。

1つ目は、ランドリースペースとして活用する方法です。
一階で洗濯物を洗って、二階で干すとなるとなかなか大変ですよね。
そこで、ランドリースペースとして利用することで、洗濯を効率化できます。
来客がある場合には、仕切りをつけておけば、簡単に外から見られないような空間を作られます。

2つ目は、客間として活用する方法です。
友人や両親が訪ねてきた際には、寝室として活用する方法もあります。
布団があれば、数人は寝室として利用できるでしょう。

3つ目は、ゲーム部屋として利用する方法です。
ゲームをする際には、あまり周りへの気配りをしたくないですよね。
そこで、ゲームをすることで音漏れの心配もあまりしなくて済みます。

このように活用方法はさまざまなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

□まとめ

今回は、子ども部屋としてフリースペースがおすすめであることと、活用方法についてご紹介しました。
今回の記事を参考に、新築住宅の建築を検討されている方はぜひ当社までご連絡ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。