高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットと注意点についてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットと注意点についてご紹介!

広々とした開放感やお洒落な空間デザインなど、吹き抜けのある家にはさまざまな魅力があります。
そして、吹き抜けを採用する際の注意点を押さえることで、より快適な暮らしを実現できます。
そこで今回は、高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットと、注意点についてご紹介します。

□高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットをご紹介!

まずは、高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットについてご紹介します。

1つ目は、開放感があることです。
高気密高断熱の家は、気密性が高いがゆえに、息苦しさを感じる場合があります。

しかし、吹き抜けを採用することで、家の中に開放感が生まれます。
また、同じ面積のお部屋であっても、天井が高いほど空間を広く感じられます。

2つ目は、家族間でコミュニケーションがとりやすくなることです。
吹き抜けを採用することによって、家の空間につながりができます。
これにより、家族間でコミュニケーションがとりやすくなったり、家族の気配を感じやすくなったりと安心感が生まれます。

□高気密高断熱の家に吹き抜けを採用する際の注意点とは?

高気密高断熱の家に吹き抜けを採用することは、上記のようなメリットがある一方で注意するべきポイントもあります。
そこで次は、高気密高断熱の家に吹き抜けを採用する際の注意点についてご紹介します。

1つ目は、天井が高くなるため、十分に照明計画を練る必要があることです。
吹き抜けのある家は天井が高くなるため、照明の明るさを考慮したり複数の照明を組み合わせたりして、家全体の明るさを確保する必要があります。

2つ目は、生活音を考慮して間取りを設計する必要があることです。
吹き抜けのある空間が2階までつながっている場合、生活音を考慮して間取りを設計する必要があります。
具体的には、吹き抜けと距離をとった場所に寝室を設けたり、防音性の高いドアを採用したりという方法が考えられます。

3つ目は、遮蔽対策をする必要があることです。
吹き抜けから差し込む日光は、冬は暖かさをもたらしてくれますが、夏は厳しい直射日光を遮りたいと思うものです。
そのため、夏は直射日光を室内に取り込まないようにするために、ブラインドやシェード、グリーンカーテンを設置するなど、遮蔽対策をすると良いでしょう。

□まとめ

高気密高断熱の家に吹き抜けを採用するメリットと注意点をご紹介しました。
吹き抜けを採用する際の注意点を考慮した上で吹き抜けを採用すると、より良い空間づくりを実現できます。
当社では、ご家族の暮らしを考慮して、間取りや性能に妥協しない住まいをご提案します。
注文住宅を建てる際はぜひ当社にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。