ぜひ参考にしたい30畳のリビングの間取りについてご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

ぜひ参考にしたい30畳のリビングの間取りについてご紹介します!

30畳と広いリビングをどのように活用したら分からないとお悩みの方は多くいらっしゃることでしょう。
これから注文住宅を建てるのであれば、設計の段階から間取りを工夫できます。
そこで今回は、参考にしたい30畳のリビングの間取りと広いリビングのおすすめの活用方法についてご紹介します。

□参考にしたい30畳のリビングの間取り

1つ目はL字型のリビングです。
30畳のリビングをL字型に設計し、くつろぎの空間とキッチンスペースを軽く区切ったかのような間取りです。

2つ目は吹き抜けを採用したリビングです。
30畳という広いスペースに、さらに吹き抜けを採用することで、より一層開放的な空間が実現しています。

3つ目は畳のスペースを含めたリビングです。
30畳のリビングに、畳のスペースを設けることで、和の空間が実現しています。
畳はフローリングに比べてクッション性があり安全であるため、小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、おすすめの間取りです。

4つ目は大きな窓を設置したリビングです。
30畳のリビングに大きな窓を設置することで、より見晴らしの良い開放的な空間が実現できます。

□広いリビングのおすすめの活用方法

それでは次に、広いリビングのおすすめの活用方法についてご紹介します。

1つ目は作業するためのスペースを設けることです。
家族の声が適度に聞ける方が作業に集中しやすいという方には、広いリビングの一部を作業スペースにすることをおすすめします。

2つ目はお子様が遊べるスペースを設けることです。
特に、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、家事をしながらお子様が遊んでいる様子を見守りたいという親御様が多くいらっしゃるかと思います。
そのため、広いリビングの一部をお子様が遊ぶためのスペースにすることで、安心して作業にも集中できるでしょう。

3つ目はリビングと寝室をセットにすることです。
広いリビングであれば、寝室の壁を取っ払って、リビングから寝室までをオープンスペースにするというのも一つの手です。
大型のソファやベッドを置けば、より快適なくつろぎ空間が生まれます。

4つ目はペットがのびのびと遊べるスペースを設けることです。
ペットを飼っているという方は、広いリビングの一部をペットが自由に遊べるスペースにするというのも方法の一つです。
小さな檻の中だけでペットを飼っているという方は、ペットにストレスを与えてしまっている可能性も考えられます。
そのため、可能な限り、大切な家族の一員であるペットが自由でのびのびと遊べるようなスペースを作ってあげましょう。

□まとめ

今回は、30畳のリビングの間取りと広いリビングのおすすめの活用方法についてご紹介しました。
リビングが30畳と広く、上手な使い方が分からないという方は、本記事が少しでも参考になりましたら幸いです。
注文住宅の建築をお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。