注文住宅にて快適に過ごすためのトイレの広さはどれくらい?ポイントも併せてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

注文住宅にて快適に過ごすためのトイレの広さはどれくらい?ポイントも併せてご紹介!

トイレは、家の中でも毎日欠かさず利用する場所の1つです。
そのため、より快適に使用するためには、トイレの最適な広さを知る必要があります。
そこで今回は、注文住宅における快適に過ごすためのトイレの広さと、トイレの広さを決める際のポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□注文住宅において快適に過ごすためのトイレの広さはどれくらい?

トイレを快適に利用するためには、便器がトイレに収まれば良いということだけでなく、実際に使用する際の動作スペースも考慮して広さを確保しなければなりません。

具体的には、便器の先からドアまでは45から50センチメートル程度、便器の両側から壁までは20センチメートル程度距離を設けておくと、快適さと利便性を兼ね備えた空間を実現しやすくなります。
なお、トイレの中にカウンターや棚、お手洗いなどを設置する場合は、より広いスペースを確保する必要があります。
そのため、どのような仕様のトイレにするのか、ご家族でしっかりと話し合ってから、トイレの設計を考えることが大切です。

□トイレの広さを決める際のポイント

最適な広さのトイレを実現するためには、必要最低限のスペースを決めることがポイントです。
必要最低限のスペースを決めた後に、そのスペースをどれくらいまで広くするのかについて検討すると、自分たちのライフスタイルや希望に合ったトイレ空間に仕上げやすくなります。

そのため、まずは、トイレに採用したい便器の寸法について調べて、実際のトイレのスペースと照らし合わせ、必要最低限のスペースが確保できるか確認しておくことが大切です。

なお、バリアフリー対応のトイレにしたいのであれば、介助スペースまで含めて幅160から180センチメートル、奥行き160から180センチメートルの広さが必要となります。
さらに、車椅子対応の便器や手すりを設ける位置、出入り口の広さなどの検討が併せて求められるため、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

□まとめ

以下に示すのが、注文住宅における快適に過ごすためのトイレの広さの目安です。

・便器の先からドアまでは45から50センチメートル程度
・便器の両側から壁までは20センチメートル程度

また、トイレの広さを決める際は、まず必要最低限のスペースを決めることがポイントです。
当社では、ご家族の皆さまが笑顔で楽しく暮らせる家を実現するための取り組みや工夫を施します。
注文住宅の建築をご検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。