リビングの階段と吹き抜けを組み合わせるメリット・デメリットについてご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

リビングの階段と吹き抜けを組み合わせるメリット・デメリットについてご紹介します!

せっかく新築を建てるなら、外装に加えて内装も、もちろんおしゃれに仕上げたいところです。
そんな皆さまにおすすめしたいのが「吹き抜け」です。
今回は、階段と吹き抜けを組み合わせるメリット・デメリット、およびデメリットの対策方法までご紹介します。

□リビングの階段と吹き抜けを組み合わせるメリットとは?

早速、リビングの階段と吹き抜けを組み合わせるメリットをご紹介します。

まずは、リビングの階段について解説します。
リビングの階段とはその名の通り、リビングの中に上階への階段が設けられている間取りのことをいい、最近では人気の設計となっています。
その理由として、家族のコミュニケーションが増える点や開放的でおしゃれな雰囲気を出すことができる点が評価されていることが挙げられるでしょう。

そんなリビングの階段と組み合わせて用いられることが非常に多いのが、吹き抜けです。
リビングの階段と吹き抜け、お互いにそれぞれの良さを引き立て合うことにより、さらなるおしゃれ感を創出することができます。

それでは、具体的にはどのようなメリットがあるのか、解説していきます。

*圧倒的な開放感により、空間を広く見せることができる

先程ご紹介したように、リビング階段には開放感をもたらす機能が備わっています。
それに吹き抜けを組み合わせることにより、高さと奥行きが生まれ、さらに空間を広く見せられます。
場合によっては、感覚だけでなく実際に広くすることもできるので、積極的に組み合わせていきたいです。

*吹き抜けからの自然光により、室内が明るくなる

吹き抜けの大きな魅力として、採光性が挙げられます。
階下まで広く存分に日光を取り入れてくれるため、充分な明るさを得ることができます。
リビングの階段と組み合わせることで、階段も明るくなり、安全性を担保することにもつながります。

その他にも、おしゃれに見せることができたり、風通しが良くなったりと、様々なメリットが存在します。

□リビングの階段と吹き抜けを組み合わせるデメリットとは?対策法も併せてご紹介!

では逆にどのようなデメリットが存在するのでしょうか。
対策法も含めてご紹介します。

主なデメリットとその対策法は以下の通りです。

1.光熱費がかかる
【対策法】断熱性を高める、もしくはシーリングファンを設置する。

2.南側の窓が暑い
【対策法】遮蔽型の窓ガラスを使用する、もしくは庇を用いてコントロールする。

3.掃除が大変
【対策法】あらかじめ掃除方法、メンテナンス方法を考えておく。

以下にて、1つ目の光熱費の問題について解説します。

吹き抜けを設置することによる大きな変化は、1つの空間が大きくなるため、その分冷暖房設備に必要となるパワーも膨大になってしまうことです。
吹き抜けのある家の暑さ、寒さを防ぐためにも、家の断熱性・気密性を高めておくことが大切です。
また、吹き抜け部分にシーリングファンを設置することで、空気を上手に循環させることができ、非常におすすめです。

□まとめ

今回は、おしゃれな内装に一役買ってくれる、リビング階段と吹き抜けを組み合わせることのメリット・デメリット、対策法をご紹介しました。
吹き抜けにはかなりのメリットがあり、リビング階段を組み合わせることでさらなるメリットをもたらすことができます。
デメリットも存在しますが、それぞれ対策を行えば気になることもないのでおすすめの間取りです。
当社では、お客様にとっての「幸せな暮らし」を最優先に、ストレスなく暮らせる家を無理なく実現することを心がけています。
新築をお考えの方は、この機会に是非ご相談をお寄せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。