新築一戸建てでおすすめの間取りについて紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

新築一戸建てでおすすめの間取りについて紹介します!

新築住宅の間取りを設計する際は入念に考える必要があります。
なぜなら、間取りによって生活のしやすさが大きく変わるからです。
しかし、どのような間取りがいいか分からない方は多いでしょう。
そこで今回は、おすすめの間取りをご紹介します。
加えて、後悔しやすい間取りについても紹介するので、ぜひ最後までご覧下さい。

□おすすめの間取りをご紹介!

1つ目は、家事が楽になる間取りです。
家事動線を短くすると家事が楽になり、時間にも余裕を持てます。
水回りをまとめればすぐに移動できるようになり、家事を同時進行で進められるため、効率が良くなります。
また、水回りを1か所にまとめることで配管がシンプルになり、建築コストを抑えられます。

2つ目は、家族の触れ合いを大切にした間取りです。
自然に家族が顔を合わせられるような間取りを設計することが大切です。
例としては、対面キッチンや吹き抜けがあります。
対面キッチンであれば料理中でも、家族とコミュニケーションを取れて、吹き抜けであれば子供が2階にいたとしても気配を感じて声をかけられます。

□新築で後悔しやすい間取りについて

ここまでは、おすすめの間取りを紹介しましたが、実際に住み始めてからではないと気が付けないこともあります。
そこでここでは、後悔しやすい間取りを2つ紹介します。

*外からの視線が気になる間取り

間取りを考える際は外からの視線について考えることを忘れがちです。
いかに快適に過ごせるかを追求した結果、隣の家から窓を通じてリビングが見えたり、玄関を開けたら家の中が丸見えだったりして後悔してしまうことがあります。
家の中で快適に過ごせたとしても、視線が気になるとリラックスできないので気を付けましょう。

*収納が使いにくい間取り

収納は物を片付けられる役割がありますが使いやすさも考える必要があります。
奥行がありすぎて奥の物を取るのに手間がかかったり、収納の数が多すぎてどこに物を収納したのかが分からなかったりなどするため、収納の多さが必ずしも良いわけではありません。
そのため、収納の使いやすさも含めて間取りを設計するようにしましょう。

□まとめ

おすすめの間取りとして、家事が楽になる間取りと家族の触れ合いを大切にした間取りを紹介しましたが、何を重視したいかによっておすすめの間取りは人それぞれです。
また、後悔しないように間取りを設計することも大切です。
そのため、以上のことを参考にして、快適に過ごせる家づくりをしていただけると幸いです。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。