高気密高断熱住宅でもトイレが寒い? 換気扇による空気の循環についても紹介します。 - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高気密高断熱住宅でもトイレが寒い? 換気扇による空気の循環についても紹介します。

高気密高断熱住宅とは、家中に性能の高い断熱材や建築部材を使用し、断熱性や気密性を高めた家のことをいいます。
しかしながら、そのような特徴を持つ住宅であっても、トイレが寒くなってしまうことがあります。
そこで今回は高気密高断熱住宅の換気システムとトイレでの寒さ対策について紹介します。

□高気密高断熱住宅の換気扇

高気密高断熱住宅は、シックハウス症候群の対策のため、24時間換気システムが義務付けられています。
24時間換気システムには3つの換気方法があるので、ここからはその方法についてご紹介します。

*第一種換気

排気側と給気側の両方に送風機を設置して、換気を行う方法です。
この方法は一番安定して換気ができ、熱は残したまま空気だけを入れ替えすることができます。
維持費や導入費といった費用はかかってしまいますが、比較的冬は暖かく、夏は涼しいため冷暖房費の節約につながります。

*第二種換気

給気側に器具を設置して、取り入れた空気を強制的に自然排気する方法です。
給気が器具によって行われることで、汚染の少ない空気を取り込むことができるため、食品工場や病院といった衛生面に気を付けなければいけない施設でもこの方法が選ばれています。

*第三種換気

第二種換気とは反対に、排気側に器具を設置して強制的に排気する方法です。
近年の高気密なマンションなどではこの換気方法が選択されています。
しかし、熱交換システムがないので、給気口の近くが寒く感じる場合があります。

□トイレの寒さ対策

住宅のトイレは外壁面に設置されることが多いです。
外壁面には寒さを防ぐために断熱材が入っていますが、完璧に断熱することは難しいため、外の冷たい空気の影響を受ける可能性もあります。
そのため、外壁面と接しないようなトイレの間取りを考えることをおすすめします。

また、トイレの窓をなくすことも寒さ対策の一つになります。
トイレの窓は臭い対策や換気対策などの役割がありますが、マンションやアパートの多くのトイレには窓がついていないように、なくても困ることはあまりないでしょう。

窓は壁と比べると、熱が逃げやすく断熱性能は1/5程度しかありません。
そのため、デザインとして窓を設置している場合には、窓をなくすことでトイレの寒さ問題が解消される可能性があるため、なくしてみることをおすすめします。

□まとめ

今回は高気密高断熱住宅の換気システムとトイレでの寒さ対策について紹介しました。
トイレの寒さに悩んでいる方は、間取りや窓の選択次第でその問題を改善できる可能性があります。
ぜひ参考にしてみてください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。