家事動線の良い間取りとは? 平屋でもできる間取りをご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

家事動線の良い間取りとは? 平屋でもできる間取りをご紹介します!

せっかく新築の平屋を建てるなら、快適で素敵な家にしたいですよね。
そのためには、家事動線の良い間取りの家にすることが大切です。
そこで今回は、家事動線の良い間取りの利点と、その平屋の実例についてご紹介します。

□家事動線の良い間取りの利点

近年は障子とふすまで各部屋がつながった昔ながらの日本の家よりも、洋室がメインの洋風住宅が多くなっています。
このような住宅は動線が複雑化しがちです。

また、土地は限られているため、その土地を無駄なく有効に使うことが重要です。
そのためには、移動の動線が短く、シンプルで効率的な間取りにすることが求められます。

家事動線の良い間取りの利点は、毎日の家事を行うための移動距離が短くなり、効率良く家事に取り組めることです。
このような動線を家に住む前から考えることは難しいですが、これらを意識して間取りを計画すると、住んでからの快適度が格段に上がるでしょう。
ここからは家事動線の良い間取りを考えるために、平屋の間取り実例を紹介するので、それらを参考にしてみてください。

□家事動線の良い平屋の間取り実例

*洗濯動線が短い間取り

ここで紹介するのは、洗面所を独立させて、その横に脱衣所とランドリールームを兼用にしたものを配置した間取りです。
脱衣所には勝手口を採用し、洗面所には玄関から一直線で行ける動線になっています。

この間取りでは勝手口があることで、洗濯物を外に干しやすくなります。
時間がない時や雨の日は、ランドリールームの乾燥機を使用することで、干す手間を省けます。
帰宅後は洗面所にすぐに行け、その横で汚れた服を脱いで洗濯機に入れられるように考えられています。
お子さんが汚れて帰ってきても、家を汚さずにすむため掃除も楽になるでしょう。
快適性や利便性が考えられた間取りの平屋といえるでしょう。

*料理や買出し、ゴミ出しがスムーズな間取り

ここで紹介するのは、キッチンとダイニングが横並びであり、その横には勝手口が付いた間取りです。
キッチンとダイニングが横並びであると、料理の配膳が楽に行えます。
また、勝手口が駐車スペース近くとつながっていると、駐車スペースからキッチンまで一直線に移動できます。
そのため、重い荷物がある時でもそのままキッチンに直進でき、とても便利です。

□まとめ

今回は、家事動線の良い間取りの利点とその平屋の実例について紹介しました。
家事動線の良い間取りを意識することで、とても快適に過ごせるでしょう。
新築を建てる際には、家事動線を意識してみてください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。