家づくりにおける間取りの決め方をご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

家づくりにおける間取りの決め方をご紹介します!

注文住宅では理想の間取りを決められることが魅力の1つですが、自由に決められる分、難しさを感じてしまいますよね。
そのため、どのようにして間取りを決めたら良いのか分からない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、家づくりにおける間取りの決め方のポイントをご紹介します。

□家づくりにおける間取りの決め方のポイント!

*動線を考慮する

家づくりにおいて失敗しがちであるのが、生活動線と家事動線です。
洗濯機と洗濯物を干す場所が遠ければ、家事が効率的に行えません。
また、トイレは配置によっては音やにおいが気になる場合もあるため、生活の中心であるリビングから近すぎず、遠すぎない位置に配置しなければ、不快に感じることも。
家の中で快適に生活を送るためには、動線が考慮された間取りを意識して家づくりを行う必要があります。

*コンセントの配置

間取りを考える際に、どうしてもそのデザインや設備を中心に考えてしまいますが、コンセントの配置も考慮しましょう。
コンセントは家電を使用する近くにないと、不便であるため、家電を置く場所の近くにはコンセントを配置することをおすすめします。
また、他の家具によってコンセントが隠れないように、コンセントの配置とともに家具の配置も考えておきましょう。

*将来を見越した間取り

家族構成を考慮して部屋の数や広さを決める方が多いと思いますが、子供がいる場合には子供の成長後も考慮した間取りにしましょう。
また、長い間住むことを踏まえて、老後でも快適に過ごせるようなバリアフリーの家にしておくこともおすすめです。

□北海道では間取りの決め方が異なる?

間取りを考える際に、家を建てる場所が寒冷地であれば、暖房が効きやすい間取りにする方が多いでしょう。
では、寒冷地では吹き抜けや広いリビングといった、暖房が効きにくくなる間取りにはできないのでしょうか。

実は、寒冷地であっても吹き抜けや広いリビングを実現できます。
その方法は、高断熱高気密の家にすることです。
高断熱高気密の家であれば、外気の侵入や家の中の暖かい空気が外に逃げることを防げます。
そのため、寒冷地であっても高断熱高気密の家にすることで、自由に間取りを決められるでしょう。

□まとめ

今回は、家づくりにおける間取りの決め方のポイントを紹介しました。
間取りは動線やコンセントの配置、将来の生活も考慮して決めることがおすすめです。
北海道のような寒冷地であっても、高断熱高気密の家であれば、自由な間取り設計ができます。
当社では「無理しない、でも妥協しない家づくり」の考えをもとにストレスなく暮らせる家づくりを行っているので、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。