初めての家づくりで知っておくべき基本情報を紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

初めての家づくりで知っておくべき基本情報を紹介します!

家づくりを初めてするという方にとっては、どのような流れで進んでいくのかが気になるポイントですよね。
家づくりの流れやかかる費用については、計画をスムーズに進められるように知っておくと良いでしょう。
今回は、初めての家づくりで知っておくべき基本情報を紹介します。

□家づくりの流れについて

まずは、家づくりについて家族会議や情報収集を行います。
家族全員と話し合ってどのような間取りにするのか、どんな設備を取り付けるのかなどの要望をリストアップしましょう。
情報収集では、インターネットやカタログなど様々な媒体を使ってイメージに合った家の写真を探してイメージを膨らませると良いでしょう。

次に、家づくりの依頼先を選びます。
ある程度の目星を付けられたら、モデルハウスや総合住宅展示場へ行ってみて工務店やハウスメーカーを決めていきます。
その後、概算の見積りをもらい、資金面でのイメージを行っておきます。

次に、実際の設計を詰めます。
ここまで漠然とイメージしていた家づくりの形を、より具体的なものにしていきます。
家づくりの方針や要望など、これまでに話し合ってきた内容をもとに細かい仕様や設備について決めていきましょう。

次に、ローンの締結と本契約です。
住宅ローンを利用する場合は、自分に合ったものを探して契約を締結しましょう。
直前の審査でローンに通らないという事態を防ぐためにも事前審査を受けておくことをおすすめします。
また、契約条件や工期スケジュールなどを確認したうえで本契約の締結を行いましょう。

工期が迫ってきたら、近隣への挨拶や地鎮祭を行っておきましょう。
家が完成した後にスムーズに新しい生活に入れるように、近隣住民への挨拶を行います。
また、必須ではないものの工事の無事を願って地鎮祭を行う場合もあります。
その後は工事に入り、完成次第施主審査、引き渡しと引っ越しという流れで進んでいきます。

□初めての家づくりにはどのようなお金がかかるのか

家づくりには主に以下の3つのお金がかかります。

1つ目は、本体工事費です。
名前からも分かる通り、建物を作るのにかかる費用です。

2つ目は、付帯工事費です。
建て替えをする場合の解体費、傾斜地に建築する場合の敷地造成費がこれに当たります。
その他にもカーテンレールの取り付けや空調設備工事なども該当するので覚えておきましょう。

3つ目は、諸費用・その他です。
固定資産税や不動産取得税などの税金やローン関連費用、火災保険料などがこれに該当します。

□まとめ

今回は、初めての家づくりで知っておくべき基本情報を紹介しました。
家づくりは、人によって異なる部分がありますが、最初の家族会議から引っ越しまで今回紹介したような流れで進んでいきます。
家づくりの費用に関しては、本体工事費と付帯工事費、諸費用・その他という3つの費用がかかることを覚えておきましょう。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。