高機密高断熱住宅でもトイレが寒い?対策をご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高機密高断熱住宅でもトイレが寒い?対策をご紹介!

高気密高断熱住宅にお住まいの皆様、冬場のトイレの寒さにお困りではありませんか。
高気密高断熱住宅は一年を通して快適な生活を提供してくれると期待されがちですが、冬場になると意外にトイレの寒さが問題となることが少なくありません。
本記事では、そんな冬場にトイレが寒くなる原因と、その対策について掘り下げてご紹介します。

□高気密高断熱住宅でトイレが寒い4つの原因

高気密高断熱住宅のトイレが冬場に寒い主な原因は、以下の4つに大別されます。

1:暖房不足

高気密高断熱住宅は、外からの冷気をシャットアウトする反面、一度冷えた空間はなかなか暖まりにくい特性があります。
特に、使用頻度の低いトイレは暖房が届きにくく、冷え込みやすい空間となってしまいます。

2:換気扇からの冷気

トイレには換気のための換気扇が設置されていますが、これが冷気の入り口となることがあります。
特に外気温が低い冬場は、換気扇からの冷気が原因でトイレが寒く感じられることがあります。

3:断熱材の不十分な設置

高気密高断熱住宅であっても、施工時の不備や設計上の問題で断熱材が十分に設置されていない場合があります。
特にトイレのような小さな空間は、断熱の漏れが出やすい箇所と言えるでしょう。

4:断熱性能のバランスの悪さ

窓や換気扇など、特定の箇所の断熱性能が低いと、全体としての断熱性能が落ちてしまいます。
トイレの小窓などがその例で、これが寒さの原因となることがあります。

□トイレを暖かくするための実践策

次に、トイレを暖かく保つための対策をいくつかご紹介します。

1:暖房機器の導入

小型の暖房器具をトイレに設置することで、空間を効率良く暖められます。
足元ヒーターや小型のセラミックヒーターなどがおすすめです。

2:換気扇のカバーを利用

換気扇用の防寒カバーを使用することで、冷気の侵入を防げます。
使用しない時はカバーを閉じることで、寒さの軽減が期待できます。

3:断熱材の追加

トイレの壁や天井に追加で断熱材を施工することで、より高い断熱効果を得られます。
DIYで簡単に施工できる断熱材も市販されています。

4:ドアの隙間対策

トイレのドアと床の隙間からも冷気が侵入します。
隙間テープやドラフトストッパーを利用することで、隙間からの冷気を防げます。

□まとめ

高気密高断熱住宅にお住まいの方が冬場にトイレの寒さに悩まされるのは、暖房不足や換気扇からの冷気、断熱材の不十分な設置、断熱性能のバランスの悪さが原因です。
これらの問題に対処することで、トイレをより快適な空間できます。
本記事で紹介した対策を参考にして、冬場も快適に過ごしましょう。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。