寒い冬を乗り越えるために家の寒さ対策を徹底したい方へ!寒くない家の特徴をご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

寒い冬を乗り越えるために家の寒さ対策を徹底したい方へ!寒くない家の特徴をご紹介!

注文住宅をお考えの方で、「寒い冬でも暖かく過ごせる家を建てたい」とお考えの方は多いと思います。
そのためには、寒さ対策をしっかり行う必要があります。
そこで今回は、寒くない家の特徴と、北海道の寒い冬を乗り越えるために押さえておきたい家づくりの工夫について紹介します。

□寒くない家の特徴を解説します!

1つ目は、高い断熱性です。
部屋の温度と体感温度は違います。
なぜなら、床や壁、天井の表面温度、つまり、断熱性能が体感温度に関係しているからです。
そのため、断熱性の高い家は、体感温度が高く感じられ、暖かい家になります。

2つ目は、高い気密性です。
断熱性とセットで考える必要があるのが、気密性です。
気密性が低いと、うまく断熱性が機能しなくなり、室内の暖かい空気が外へ逃げてしまいます。
また、外気が室内へ侵入しやすくなり、断熱材の劣化の原因にもなります。
そのため、寒くない家にするには、断熱性と気密性の両方を高めることが大切です。

3つ目は、適切な換気がされていることです。
高い断熱性と気密性を持つ家は、空気がよどみやすいため、換気が重要な役割を果たします。
室内の暖かい空気を逃さず換気を行い、室内を清潔に保つことも寒くない家にするには重要です。

□北海道の寒い冬を乗り越えるために押さえておきたい家づくりの工夫をご紹介!

1つ目は、二重窓・サッシです。
寒い冬を乗り越えるためには、窓への対策は必須です。
従来、室内の暖かい空気を室外へ逃さないために、二重窓の施工が一般的でした。
最近は、冷気の侵入や結露を防ぎ、省エネにもつながる断熱サッシを施工することが多くなっています。

2つ目は、無落雪屋根です。
無落雪屋根は、屋根に雪が積もるのを防いでくれます。
そして、落雪事故を防ぐ働きをしています。
一般的に、M型無落雪屋根が主流で、北海道の積雪量に耐えられる作りになっています。
無落雪屋根を施工した場合は、屋根に溜まった雪水が結露や漏水事故につながるので、冬の間に2、3回ほど雪おろしをしましょう。
また、屋根裏の断熱も大切です。

□まとめ

今回は、寒くない家の特徴と、北海道の寒い冬を乗り越えるために押さえておきたい家づくりの工夫について紹介しました。
暖かい家にするためには、断熱性と気密性の両方を高めることが大切です。
注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。