建売住宅と自由設計の違いって?それぞれの特徴を紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

建売住宅と自由設計の違いって?それぞれの特徴を紹介!

「建売住宅と自由設計にはどのような違いがあるのだろう」
「実際に自由設計で頼む際に何がポイントなんだろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
建売住宅と自由設計はそれぞれの特徴を把握したうえで、選択することが大切です。
今回は、建売住宅と自由設計の違いと、自由設計における注意点について解説します。

□建売住宅と自由設計の違いについて詳しくご紹介

両者の違いをそれぞれのメリットとデメリットと併せてご紹介します。

まず、建売住宅についてです。
土地とセットで販売されている新築分譲住宅のことを指します。
売り出し方は住宅建築中と住宅完成後の2つのケースがあります。
建売住宅は土地を何区画かにわけて、仕様が同じ住宅が数棟建てられるというケースがあります。

メリットは、資材の購入や工事工程を効率的に進められる点です。
それゆえ、どの建て方よりも割安になります。
また、モデルルームが公開されていて、出来上がりを事前に確認できる点もイメージと完成後のギャップを生まないため良いですよね。
デメリットは、建てられた後の家であるため、設計の自由度や設備の選択ができない点です。
自分の要望を反映したい場合は、自分に適した物件を探す必要があるでしょう。

続いて、自由設計についてです。
土地を購入してその場所に家を建てるものです。
メリットとしては、間取りの自由度が高い点が挙げられます。

□自由設計において気をつける点とは

自由設計は建築会社によって自由度が異なります。
注文住宅を自由設計と捉える建築会社もいます。
また、自由設計は限定された間取りの中から選択すると考える建築会社もいます。
それは、自由設計の内容が大きく異なるからです。
それゆえ、それぞれの会社の自由設計の定義を確認することは大切です。

□まとめ

今回は、建売住宅と自由設計の違いと、自由設計における注意点について解説しました。
両者のメリットとデメリットを理解した上で、選択することが大切です。
また、自由設計においては会社によって捉え方が異なるため、把握しておいてください。
この記事を参考にしていただけたら幸いです。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。