北海道でカーポートは必要?実はメリットがたくさんあります! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

北海道でカーポートは必要?実はメリットがたくさんあります!

北海道のような積雪量の多い地域で、雪から車を守るために必要なのがカーポートです。今回は、カーポートの役割や北海道でのカーポートの選び方などを解説します。
カーポートの設置を検討する際に参考にしてみてください。

□カーポートとは?

カーポートとは、柱と屋根で構成される簡易型車庫を指します。
ガレージとは異なり、側面の壁がないのが特徴です。
設置場所としては玄関の前や横が一般的で、北海道では雪の対策として設置を検討するケースが多いようです。

カーポートを設置するメリットはいくつかあります。

1つ目は、車を雨や雪、紫外線、鳥の糞から守ってくれる点です。
車を保護してくれるので、車が汚れにくく、かつ傷みにくくなり洗車の階数を減らせます。
また、車体自体や塗装の劣化も遅らせてくれるので、メンテナンス費用も抑えられます。

2つ目は、車の乗り降り時に雨や雪で濡れにくくなる点です。
駐車場に屋根がない場合、天気が悪いと傘をさしながら荷物を乗せたり下ろしたりしなければいけませんが、カーポートには屋根があるのでその必要はありません。
カーポートから玄関までの道にも屋根があるとさらに快適です。

3つ目は、車の周りや上を除雪する手間が省ける点です。
車に雪が積もってしまうと、雪下ろしをしなければなりません。
雪下ろしは体力を使う作業ですし、特に朝は雪下ろしをしている暇もないかもしれません。
カーポートを設置すれば屋根で車を雪から守ってくれるので、除雪の手間が省けます。

ガレージよりも構造が簡易的なので、費用も安く済むのもメリットです。

□北海道でのカーポートの選び方は?

カーポートには、支柱が片側にしかないタイプと両側にあるタイプがあります。
北海道の積雪量を考慮すると、支柱が両側にある両足支柱タイプが適しているでしょう。
4本足でしっかり固定してくれるため、大雪や強風にも強くて安心です。

一方、支柱が片側にしかない片持ちタイプのカーポートには、車の出し入れがしやすいことや扉の開け閉めがしやすいことがメリットにあります。
ただ、アルミ製だと強度が不十分なので、片持ちタイプを選ぶなら鉄骨製のものにすると良いでしょう。

□まとめ

今回は、カーポートの役割や選び方について見てきました。
積雪量が多い地域では、カーポートはぜひとも持っておきたいものと言えるでしょう。
当社では、断熱性に優れた冬でも暖かい家づくりを承っております。
ぜひ気軽にお問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。