北海道の冬を暖かく過ごすために欠かせない気密性の高い家について解説! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

北海道の冬を暖かく過ごすために欠かせない気密性の高い家について解説!

北海道の冬を暖かく過ごすためには、高い気密性・断熱性の備えが欠かせません。
そこで今回は、気密性の高い家の重要性について解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□高気密・高断熱の家は必須

高気密高断熱の家の良さと言えば「冬暖かくて、夏涼しい」という点です。
熱が逃げたり入りこんだりする隙間を小さくし、断熱材を用いて外気温の影響を受けないようにすることで、冷暖房費を抑えながら1年を通して快適に過ごせます。
季節によって温度差の激しい北海道での生活を心地よく、お財布にもやさしく毎日を過ごすには、高気密・高断熱であることは欠かせないポイントです。

実は、高気密高断熱の魅力は冷暖房費を節約できることだけじゃありません。
二重窓や複層ガラスなどで気密性や断熱性を高めることは、カビやダニの発生を防ぎ、喘息やアレルギーのようなリスクを軽減できます。
また、どの部屋でも暖かい環境を維持することで、室温差により引き起こされるヒートショックを抑える効果もあるのです。

その一方、温度の低い部屋で漬物やワインなどを保存しておこう、といったことはできません。

住宅の気密性・断熱性を知るための数値としてUa値というものがあります。
正確には、どれだけの熱量が家の外に逃げるかを表す数値です。
Ua値が小さいほど、気密性や断熱性に優れた住まいになります。
省エネ住宅と呼べるためには、少なくともUa値が0.4以下であることが不可欠です。

□暖房について

床暖房は、足元が暖かい、家を広く使える、エアコンに比べて肌が乾燥しにくい、埃が舞うことがない、などのメリットがあります。
一方で、設置コストが高い、床が暖められすぎるといったデメリットも指摘されます。

そもそも高断熱・高気密住宅では、家全体の断熱・気密性能が非常に高いので、熱損失が小さいです。
つまり、わずかな暖房だけで家を暖かくできます。
暖房機の設置数や出力を小さくできますし、暖房の稼働時間やパワーも少なくて済みます。
そのため、パネルヒーターやエアコン、ストーブ、床暖房など、どのような暖房機でも家全体をもれなく暖めることが可能です。

□まとめ

今回は、気密性の重要性や暖房について解説しました。
本記事が皆様の参考になれば幸いです。
当社では、機能的でスマートなマイホームを提供しております。
注文住宅を建てる際は、ぜひ当社にお任せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。