地震の時に揺れやすい家とは?地盤に注目してみましょう! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

地震の時に揺れやすい家とは?地盤に注目してみましょう!

地震の多い日本だからこそ、地盤が強いかどうかは重要なポイントです。
そこで今回は、地震の時に揺れやすい土地やその見分け方について解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□地震の時に揺れやすい土地とは

土地の表層部が固く、地震が起きても揺れにくい土地のことを「硬質地盤」と言ったり「地盤が強い」と表現します。
地震の多い日本では、地盤は家を建てる時に大切なポイントの1つで、一般的に岩盤や砂礫を多く含む土地は地盤が強いとされています。

一方、海や川を埋め立ててできた土地は、いわゆる「地盤の弱い」土地です。
地盤の弱い土地では、地震による土砂崩れや液状化、地盤沈下が起こる可能性が高くなります。

以下では、地盤の強さを判断するチェックポイントについて見ていきましょう。

*強い地盤

古くから存在する高級住宅地は、地盤が強い傾向にあります。
地盤がしっかりした場所から重要な建物が建てられてきた、という背景があるからです。
富裕層の家が立ち並ぶ高級住宅地は、安心感が高いと考えてよいでしょう。

また、地震速報が流れた時に揺れが小さいエリアも地盤が強い可能性があります。
震源地からの距離は同じなのに、揺れが大きいエリアと小さいエリアがありますよね。
この時に揺れが小さいエリアは地盤が強いことが多いです。

*弱い地盤

地名に「水」「川」「沼」など水に関する文字が入っている地域は、もともと川や沼、池などであった可能性があります。
水場が近いと土地が水分を含んでしまうので、地盤が弱いと言われます。

また、電柱や柵に傾きが見られる場所は、これまでの地震の影響を受けている地盤が弱い土地と考えられます。
車で走行した時に揺れが気になる場合は、地面が歪んでいる可能性を考えると良いでしょう。

□屋根の重さも揺れに影響する?

地震で建物が横に揺さぶられると、いつもは地面に向かって働いている屋根の重さが、突然横方向への力として作用します。
さらに屋根は、建物を固定している地面から最も遠い場所にあるため、重ければ重いほど、揺れが大きくなってしまうのです。
このように、屋根の重さは地震の揺れの強さにも関係してくるため、耐震性を重視するなら屋根は軽いほうが良いとされています。

□まとめ

今回は、地盤が強い土地の条件や見分け方について解説しました。
皆様の参考になれば幸いです。
当社では、機能的でスマートなマイホームを提供しております。
注文住宅を建てる際は、ぜひ当社にお任せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。