外気温と室温の差が小さい家では暖房が重要です! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

外気温と室温の差が小さい家では暖房が重要です!

北海道でマイホームを建築しようか迷われている方はいらっしゃいますか。
北海道は日本で最も寒い地域で、室内気温が寒いという印象をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、北海道の現在の室内温度と北海道の住環境について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□北海道の室内気温について

北海道の住宅は一昔前まではとても寒く、断熱性能が低い一戸建ての住宅では、玄関でも水が凍ってしまうほどでした。
また、室内につららができることもありました。

しかし、最近では住宅の断熱性能が高まり、一戸建ての住宅はとても暖かくなっています。
室内温度は日本で最も高い20.73度となっており、沖縄を差し置いて一位になっています。

これは、寒い冬を乗り切るためには、断熱性能を高めて室内温度を暖かくする必要があるためです。

□エアコンの進化について

一昔前までは、北海道はエアコン暖房だけでは寒すぎて冬を乗り切れないといわれていました。

しかし、最近では寒冷地仕様のエアコン暖房が開発され、冬でも快適に暮らせます。
一般的なエアコンは外気温が氷点下を下回らないという想定の下で設計されているのに対して、寒冷地仕様のエアコンは外気温がマイナスになるという状況を想定して作られています。

通常のエアコンであれば、ドレン水が凍ってしまい、室外機が故障してしまうのですが、寒冷地仕様のエアコンの室外機は故障しません。
暖房機能が強く、霜取り運転中でも暖房を継続できること、立ち上がりの時間が速いという特徴があります。

暖房性能が向上したのはヒートポンプシステムが取り入れられたためです。
ヒートポンプシステムとは、外気から熱エネルギーを取り出す技術のことで、このシステムのおかげで常に暖房を稼働し続けられるようになりました。

ただし、暖房を使い続けてしまうと空気が乾燥してしまい、のどが痛くなったり、風邪になったりしてしまうケースがあるので注意しておきましょう。
対策としては、加湿器をつける、もしくは定期的に換気を行うという方法があります。

また、低い位置が暖まりにくいという特徴もあります。
これを防ぐためにサーキュレータを使って空気を循環させると良いでしょう。

□まとめ

今回は、北海道の家の室内温度についてとエアコン暖房の進化について解説しました。
北海道は昔と比べて格段に住環境の質が上がり、住みやすくなっています。
今回の記事を参考に北海道に注文住宅を建築したい方はぜひ当社までご連絡ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。