高気密高断熱の家にするポイントとは?冬でも室温を高く保つ方法についてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高気密高断熱の家にするポイントとは?冬でも室温を高く保つ方法についてご紹介!

冬でも暖かく快適に暮らしたいと、誰もが願っているかと思います。
それでは、冬でも室温を高く保つためには、どのような方法が考えられるでしょうか。
今回は、冬でも室温を高く保つための方法と、高気密高断熱の家であるのに冬の室温が低い場合の対策についてご紹介します。

□冬でも室温を高く保つための方法

まずは、冬でも室温を高く保つための方法についてご紹介します。

1つ目は、高断熱の家にすることです。
断熱性の高い家は、外気の影響を受けにくいため、室温を一定に保ちやすいです。
そのため、夏は室温を低めに、冬は室温を高めに保てます。

2つ目は、高気密の家にすることです。
気密性の高い家は、外気が室内に入り込みにくく、そして室内の空気も外に出て行きにくいです。
そのため、室内の空気の流れをコントロールしやすく、冬でも室温を高く保てます。

3つ目は、適切な換気を行うことです。
快適な家づくりをするためには、日々の換気を怠らないようにすることが大切です。
冬の室温を保ちながら適切な換気を行うためには、24時間換気システムを使用するのがおすすめです。

□高気密高断熱の家であるのに冬の室温が低い場合の対策

上述したように、高気密高断熱の家は年間を通して室温を一定に保ちやすいため、本来であれば、冬でも室温を高く保てます。

しかし、高気密高断熱の家であるのに冬の室温が低い場合があります。
ここでは、その原因と対策についてご紹介します。

まず原因としては、そもそも高気密高断熱の家ではなかったことが挙げられます。
新しく建てた家が、十分な高気密高断熱の家ではなかった場合、以下のような対策が考えられます。

・ガラス窓に使う金属製の窓枠であるサッシを、断熱性や気密性の高いトリプルサッシに交換する
・玄関のドアを断熱性の高いものに交換する
・窓のガラスを複層ガラスのものに交換する
・カーテンを断熱効果のあるものに交換する

窓に関して、当社では、高性能トリプルガラス樹脂窓を採用しています。
樹脂フレームと3層のガラスなどで構成されているため、高い断熱性を実現します。
窓のお取り替えをご検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

□まとめ

今回は、冬でも室温を高く保つための方法と、高気密高断熱の家であるのに冬の室温が低い場合の対策についてご紹介しました。
当社では、断熱性や気密性を維持し、快適かつ健康に暮らすために高性能な外壁や窓を採用しています。
注文住宅の建築をお考えの方は、ぜひ当社までお問合せください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。