上がり框のない玄関のメリットとは?注意点も解説します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

上がり框のない玄関のメリットとは?注意点も解説します!

現代の住宅設計において、デザインと機能性は切っても切り離せない要素です。
特に玄関は、家の顔としての役割を担い、日々の生活においても重要な機能を果たします。
この記事では、玄関のデザインと機能性において重要な上がり框について解説します。

□上がり框の役割とその重要性

上がり框は、日本の住宅において伝統的な要素の一つです。
主に玄関と室内を分ける境界線として機能し、外と内を隔てる重要な役割を果たします。
また、外観上の印象を大きく左右する要素でもあり、デザインの観点からも注目されています。

1:家と外部の分離

上がり框は、靴を脱ぐ場所として、家と外部の境界線のような役割を果たします。
これにより、外部からの汚れや湿気の侵入を防げ、室内の清潔さを保つ上で非常に効果的です。

2:コミュニケーションのスペース

高さのある上がり框は、来客時の一時的な腰掛けや短い会話の場としても使用されることがあります。
これは、コミュニケーションの促進や、家の中への招待の前段階としての役割を担います。

3:一時的な荷物置き場

買い物帰りや、荷物の一時保管場所としての機能も持っています。
特に重い荷物を持って帰宅した際には、上がり框上で荷物を一時的に置くことで、身体への負担を軽減できます。

□上がり框のない玄関のメリットとデメリット

近年では、上がり框のない玄関も注目されています。
特にバリアフリーを重視した住宅設計においては、上がり框を設けないことで、よりアクセスしやすく快適な玄関空間を実現できます。

1:バリアフリーの実現

フラットな玄関は、車椅子ユーザーや高齢者、小さな子供がいる家庭にとって、非常に便利です。
段差がないため、移動がスムーズで、日常生活の利便性を高められます。

2:広々とした印象

段差がないことで、視覚的にも玄関が広く感じられます。
特に狭い玄関の場合、フラットな設計にすることで、空間をより開放的に見せられるのです。

しかし、一方でデメリットも存在します。
例えば、埃や水滴が室内に入りやすくなる点や、ブーツなどの履き物を履く際の不便さなどが挙げられます。
玄関を設計する際には、考慮すべきポイントです。

□まとめ

玄関は、家のデザインと機能性を象徴する重要な空間です。
上がり框の有無は、バリアフリーの実現、清潔さの維持、見た目の印象など、多くの側面に影響を及ぼします。
フラットな玄関もそのメリットを持ちながら、一部のデメリットに注意する必要があります。
住宅の玄関を設計する際は、これらの点を考慮して、最適な選択をすることが大切です。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。