高気密高断熱の住宅の特徴とは?メリットも併せてご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

高気密高断熱の住宅の特徴とは?メリットも併せてご紹介します!

近年、「高気密」「高断熱」という言葉を目にする機会が多くあります。
しかし、具体的にどのような特徴があるのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、高気密高断熱の住宅の特徴・高気密高断熱の住宅にするメリットをお伝えします。

□高気密高断熱の住宅の特徴とは?

*高気密な住宅

壁や天井などにちょっとした隙間があると、室内から外、または外から室内へ空気が出入りします。
そのため、この隙間が多いほど、室内の温度を保ちにくくなってしまいます。
高気密な住宅とは、精度の高い建築部材、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使って、このような隙間をできる限り埋めて建てられた、気密性の高い住宅をいいます。

*高断熱な住宅

外気は壁や窓などを通して室内に伝わります。
そのため、断熱性能が低いと、外気の影響を大きく受けてしまいます。
高断熱な住宅とは、壁や床の内部に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を設置したりすることで、断熱性を高めた住宅のことをいいます。

高断熱であるためには、高気密である必要があります。

□高気密高断熱の住宅にするメリットをご紹介!

人間は、急激な温度変化にさらされると、血圧が急上昇・急降下し、心臓に大きな負担をかけるため、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあります。
これを、ヒートショックといい、特に冬に引き起こしやすいといわれています。
高気密高断熱の住宅は、家全体の温度が適温に保たれるため、部屋ごとの温度差が生じにくくなり、ヒートショックの防止につながります。

また、外気の影響を受けにくい上に、エアコンや暖房の冷気や熱も外に逃げにくいため、光熱費が抑えられます。
二酸化炭素の削減にもなるため、お財布にだけではなく環境にも優しいのです。

先程もお伝えしたように、高気密な住宅は、なるべく隙間が埋められています。
その上、壁や床に断熱材が入っています。
これらによって、遮音性がとても優れているのです。
そのため、音漏れや騒音に悩まされることがなくなるため、快適に過ごせます。

□まとめ

今回は、高気密高断熱の住宅の特徴・高気密高断熱の住宅にするメリットをお伝えしました。
高気密高断熱の住宅は、快適に生活できるだけではなく、健康や環境といった視点からもメリットが大きいといえます。
また、当社のオリジナルブランド『home105』では「高性能トリプルガラス樹脂窓」を採用しており、優れた住環境を実現させるための提案を行っています。
高気密高断熱な住宅をご検討の方はぜひ当社にご相談ください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。