もう後悔したくない!高気密高断熱の住宅を建てる際のポイントをご紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

もう後悔したくない!高気密高断熱の住宅を建てる際のポイントをご紹介します!

現在、注文住宅を検討中の方の中には、慎重に情報収集を行っているという方も多くいらっしゃると思います。
一世一代の大きな買い物になる家づくりで、失敗して後悔することはなるべく避けたいところです。
今回は、その中でも高気密・高断熱の住宅を建てた人が後悔しがちなことや、建てる際のポイントをご紹介します。

□高気密・高断熱の住宅を建てた人が後悔しがちなこととは?

まずは、実際に高気密・高断熱の住宅を建てた方が陥ってしまった失敗例をご紹介します。

*温度は快適だけど、住み心地が悪い

これは、気密性や断熱性を追及しすぎた結果起こってしまった失敗です。
注文住宅を建てる際には、限られた予算でできるだけ理想を追い求める必要がありますが、高気密・高断熱に重点をおきすぎてしまうと、このような事態になりかねません。
高気密・高断熱の住宅を建てることの主な目的は、家族が快適かつ幸せに暮らすことです。
それを叶えるための一要素として、的確な予算配分を行うようにしましょう。

*結露やカビが発生する

これに関しては、高気密・高断熱が主な要因というわけではありませんが、様々な要素が絡み合うことで発生してしまう問題です。
特にカビを発生させてしまう主な要因は不十分な換気、そしてその対策として重要なのが、計画換気です。
計画換気とは、機械換気によって空気が2時間で入れ替わる仕組みのこと。
これは隙間の少ない高気密な家だからこそできることです。
このように、しっかりと高気密・高断熱を追及することができれば、結露やカビの心配も少なく済むことでしょう。

□もう後悔したくない!高気密高断熱の住宅を建てる際のポイントをご紹介!

ここからは、後悔しないための高気密高断熱の家づくりのポイントをご紹介します。

まず大切なことは、窓の重要性を理解した設計にすることです。
家の立地や風の通り道、日差しの入り方を計算しながら窓を配置しないと、せっかくの断熱性能が効果を最大限発揮できなくなってしまいます。
効果の小さい窓は減らし、よく陽の入る窓を大きくするというのが、一番効果が高く主流な設計であり、おすすめです。

また、先程お伝えしたように、高気密・高断熱の住宅には換気性能をしっかりと設ける必要があります。
高気密・高断熱の住宅は、空気の出入りが少なくなるので空気だまりが起きやすいです。
定期的に空気を入れ替えることで、空気だまりの発生を防止し、結露やカビの対策をしておきましょう。

それ以外にも、使用するサッシや断熱材について確認しておくことも大切な要素となります。

□まとめ

今回は、高気密・高断熱の住宅を建てた人がよく後悔していること、高気密・高断熱の住宅を建てる際のポイントをご紹介しました。
特に換気に関しては、住み心地を重視する点でも重要になるので意識的に換気機能を備えておきましょう。
当社では、お客様のご要望に合わせて、妥協しないお住まいをお届けしております。
後悔のない家づくりのためにも、この機会に是非お問い合わせください。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。