土地なしで注文住宅を建てる場合の流れを紹介します! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

土地なしで注文住宅を建てる場合の流れを紹介します!

家づくりは、どのような流れで進んでいくのかご存じでしょうか。
人生で一番の買い物と言われる「住宅」ですが、当然計画し始めてから住み始めるのには多くのステップを経る必要があります。
今回は、土地なしで注文住宅を建てる場合の流れを紹介します。

□土地なしで注文住宅を建てる流れについて

まずは、土地と建物の予算を設定します。
予算総額を設定し、どのくらいの自己資金を充てられるかを明確にします。

次に、どんな家にしたいかのイメージづくりをします。
間取りや広さ、収納や設備など、可能な限り新しい家に求める要素を列挙していきます。

次に、土地を探します。
インターネットで住みたいエリアにある土地について調べましょう。
住みたいエリアの不動産会社に依頼して探すのもおすすめです。

次に、ハウスメーカーを探し、見積を依頼します。
自身の希望する家づくりが可能なハウスメーカーを選びましょう。
住宅ローンを利用する際には、土地だけではなく建築プランをもとに審査を受けることになるので、ハウスメーカーを決めた上で見積を出す必要があります。

次に、住宅ローンの事前審査を受けます。
事前審査によって自分が組めるローンの限度額について把握できます。

次に、土地の売買契約と地盤調査を行います。
事前審査に通過したら、希望の土地の購入に移ります。
購入した土地は、土地引き渡し後に必ず地盤調査を行いましょう。

次に、工事請負契約を締結し、ローンの本審査を受けます。
ハウスメーカーと複数回打ち合わせを行い、プランが確定したら工事請負契約を結びます。
契約後は、工事と土地売買に関する契約書と建築確認書の写しを提出してローンの本審査を受けます。

次に、土地の引き渡しと着工に移ります。
ローンに通った後は土地の引き渡しを受け、地盤調査を行い安全性を確かめてから着工します。

最後に、完成した住宅のチェックを行い、引き渡しとなります。

□土地なしの家づくりの注意点とは

土地なしで家づくりを行う際には、そもそも住宅を建てられるのかを確認しましょう。
土地には、建物の用途が混在しないように用途地域が定められています。
自分が希望しているエリアに住宅を建てるための土地を購入できるのかは事前にチェックしておきましょう。

□まとめ

今回は、土地なしで注文住宅を建てる場合の流れを紹介しました。
土地なしの場合は、土地探し・購入というステップが入ります。
住宅ローンを組む際には、土地と住宅の購入資金をセットで借りることになるので、土地探しと並行してハウスメーカー探しも行うと良いでしょう。
また、希望しているエリアにそもそも住宅を建てられるのかについては事前にチェックしておきましょう。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。