新築の床選び!部屋を決定づける重要ポイントをご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

新築の床選び!部屋を決定づける重要ポイントをご紹介!

新築住宅の購入者にとって、内装の一部として床の選択は極めて重要です。
床はただの歩行面ではなく、家全体の雰囲気やスタイルを決定づける要素です。
この記事では、床の色を選ぶ際の基本的な考え方と、個性を反映させた床選びのポイントをご紹介します。
 

□新築の床の色が内装に与える影響

 
床選びは一見すると単なる色の選択に過ぎないように思えますが、床の色が内装に及ぼす影響は計り知れません。
適切な色の選択は部屋の雰囲気を大きく左右し、居住者の心理にまで影響を及ぼすことがあるため、新築住宅の内装において、床の色選びは重要なプロセスです。
 
1:ベースカラーとしての役割
 
床は部屋の基調色、つまり全体のトーンを設定するベースカラーとしての役割を担います。
床、壁、天井が空間の約70%を占めるため、これらの色は室内の雰囲気を大きく左右します。
特に床は物理的に目線の低い位置にあり、人々の視覚に直接影響するため、その色選びは重要です。
明るい色の床は部屋を広々と明るく見せる効果があり、一方で暗い色の床は落ち着いた印象を与えます。
 
2:部屋のイメージへの影響
 
床の色は単に部屋の色調を決定するだけでなく、その部屋で過ごす時間の質にも影響を及ぼします。
例えば、ホワイト系やライトカラーの床材は、空間を開放的にし、活動的な雰囲気を促進します。
これは特に子ども部屋やリビングなど、活動的な空間におすすめです。
 
一方で、ダーク系の床はリラックスしたいリビングや寝室に適しており、心を落ち着ける効果があります。
 
3:空間との調和方法
 
床の色選びでは壁や天井との調和も重要です。
床から壁、そして天井へと色を選ぶ際には、色のトーンや温度感を考慮することが大切です。
例えば、床がダーク系の場合、壁は少し明るめの中間色を選び、天井はさらに明るい色を選ぶと、部屋全体にバランスの取れた印象を与えられます。
このように、色彩のグラデーションを意識して選ぶことで、空間全体が調和し、美しいインテリア空間を実現できます。
 

□床の色選びで失敗しないためのポイント

 
床の色を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。
 
1:壁・天井の色との調和
 
床の色は壁や天井との調和を考慮して選ぶ必要があります。
一般的に床が最も濃い色となり、壁や天井へ向かって徐々に明るい色になることが望ましいです。
 
2:カタログでなく実物で選ぶ
 
床の色を決める際には、カタログだけでなく実際の素材を見て選ぶことが重要です。
質感や光の反射など、実物でなければわからない特徴があります。
 
3:生活スタイルの考慮
 
床の色選びには部屋のイメージだけでなく、生活スタイルも考慮することが大切です。
例えば、子どもがいる家庭では汚れが目立ちにくい色や素材を選ぶと良いでしょう。
 

□まとめ

 
床の色選びは新築住宅の内装において決定的な要素です。
ベースカラーとしての役割を果たす床の色は、部屋全体の雰囲気を決定づけるため、色選びには特に注意が必要です。
実際の素材を見て選び、生活スタイルに合った色を選ぶことで、理想の内装が実現できるでしょう。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。