外断熱の断熱材の種類とその特性とは?外断熱のメリットとその効果も合わせてご紹介! - 注文住宅・平屋住宅・輸入住宅の【渡辺工務店】苫小牧・室蘭・登別・千歳・日高
渡辺工務店

お役立ち情報

【single.php】

外断熱の断熱材の種類とその特性とは?外断熱のメリットとその効果も合わせてご紹介!

新しい家を建てることを考えている家主の方にとって、エコフレンドリーな住環境とコスト削減は切っても切れないテーマです。
特に断熱性能に優れた家を持つことは、多くの人が望む理想の住まいの一つでしょう。
 
しかし、どの断熱材や工法が最適なのかについては、即座に判断できないですよね。
今回の記事では、外断熱の断熱材の種類とその特性、さらにはその効果とメリットについて解説します。
 

□外断熱の断熱材の種類とその特性

 

*EPSとロックウールの選択

 
EPS(発泡ポリスチレン)とロックウールは、外断熱の主役とも言える断熱材です。
EPSは特に木造や鉄骨造の家でよく用いられ、ロックウールはRC(鉄筋コンクリート)構造での使用が一般的です。
 
これらの材料は透湿性があり、家の構造や環境を保護する役割を果たします。
選ぶ断熱材によって、家全体の断熱性能が大きく変わるため、慎重な選定が求められます。
 

*外壁材の多様性

 
外壁材には、塗り壁材やガルバリウム鋼板、さらにはタイルなど、多くの選択肢があります。
これらの材料は湿式工法と乾式工法で使い分けられ、それぞれに特有の特性とメリットがあります。
例えば、タイルは見た目の美しさを提供する一方で、施工の難易度が高くなります。
外壁材の選び方一つで、家の印象も大きく変わるのです。
 

*窓の重要性

 
窓は家全体の断熱性能に大きく影響します。
樹脂サッシや木製サッシ、そして断熱性の高いLow-E複層ガラスやトリプルガラスなどが選択肢となります。
窓の選定によっては、冷暖房の効率が大きく向上し、光熱費の削減が期待できます。
窓選びは、見過ごせない断熱計画の一部です。
 

□外断熱のメリットとその効果

 
1.高い気密性
 
外断熱工法の最大の利点は、気密性が高いことです。
隙間が少なく、冷暖房の効果が格段に上がります。
この高い気密性は、光熱費の削減やエコフレンドリーな生活に直結します。
気密性が高い家は、寒い冬でも暖かさが逃げにくく、暑い夏でも涼しさを保ちやすいのです。
 
2.換気の効率
 
気密性が高いと、換気もスムーズに行えます。
これにより、住宅の寿命が延びるとともに、健康な生活が送れます。
また、換気がうまくいくと、湿気が溜まりにくく、カビやダニの発生を防げます。
家も人も、快適な空間で過ごすことが、長い目で見ても非常に重要です。
 
施工の容易性は、家づくりのプロセスをスムーズに進める大きな要素となります。
 

□まとめ

 
外断熱の断熱材には多くの選択肢があり、それぞれに独自の特性とメリットが存在します。
高い気密性と換気の効率は、快適な住環境を作り出し、家の寿命を延ばします。
断熱性能を高めるためには、これらの要素を総合的に考慮することが重要です。
 
今回の記事を参考に、快適な住環境を作ってくださいね。

無料相談会

一人一人のお客様が心から満足できる「家づくり」を実現できるように、無料相談会を開催いたします。

モデルハウス来場予約

まずは弊社の魅力やこだわりが詰まったモデルハウスをご見学ください。家づくりのポイントなどをご説明致します。

資料請求

希望の住宅ブランドのカタログを送付いたします。